知っておきたい保険でお金を借りる方法

借金はしないほうがいいですが、どうしてもお金を借りなければならないこともあります。お金を借りられるところと言えば、銀行や消費者金融などをイメージするかもしれませんが、自分や家族の生命保険を使って借りるという選択肢もあります。
生命保険でお金を借りると場合によっては他の方法よりも低金利で借りられることもあります。キャッシングやカードローンを申し込む前に、加入している生命保険を確認するとよいでしょう。

貯蓄性のある保険なら借りられる

掛け捨て型の保険ではなく、終身保険、養老保険、学資保険など途中で解約すると解約返戻金が戻ってくるタイプの保険であればお金を借りられます。
解約返戻金を担保にお金を借りることを契約者貸付と言い、保障はそのまま継続しながらお金を借りられるのが特徴です。途中で保険を解約すると解約返戻金が戻ってきますが、保障がなくなります。
しかし、契約者貸付なら保障はそのまま、借りるお金の用途は自由なので、万が一のときでも安心できます。

契約者貸付制度

契約者貸付で借りられる限度額は、解約返戻金の70%~90%の範囲内としている保険会社がほとんどです。
契約したばかりでは解約返戻金が多くないため、希望する借入額には届かない場合もありますが、保険料を長く支払っている保険であれば必要額を借入れしやすくなります。
また、契約者貸付制度を利用したら、返済する際に利息も支払わなければなりません。
保険会社のコールセンターやホームページなどで貸付利率を事前に確認した上で利用すると良いでしょう。

保険でお金が借りられない場合は?

生命保険に加入するのは、万が一のときに備えるためです。
その保険を使ってお金を借りるのは本当にどうしようもない状況であるときのみに限定するのがおすすめです。
保険でお金を借りることができない場合、最も早くお金を借りられる方法は、キャッシングでしょう。
キャッシングでお金を借りる際に気になるのは利息についてですよね。
金利は借りた日数に応じて、計算されますので、できるだけ早く返済を終わらせることが重要です。
キャッシング会社によっては、無利息サービスを行っているところもありますので、上手に利用して、できるだけ低金利でお金を借りることを心がけましょう。

最上部へ