目的に合わせて安い金利でお金を借りる方法とは

銀行や消費者金融などからお金を借りるときには、必ず金利を支払う必要があります。しかし金利が割高な場合には支払い金額が大きくなるために、返済の負担が大きくなるという問題点もあります。しかし目的に合わせてローンを活用することで、安い金利でお金を借りることが出来るのです。その中でも代表的なものに住宅ローンがあり、特にマイホームを購入する場合には優遇金利などをフルに活用することで、1パーセント台の利率で融資を受けることが出来るのです。また銀行などではカーローンや教育ローンのような目的別のローンもあり、その商品の特徴を理解することで想像以上に幅広い目的で活用できるのです。たとえば教育ローンであれば、大学などの授業料以外にも大学生が一人暮らしをするためにマンションを借りるときの初期費用の支払いにも活用できるのです。しかし幅広い目的で自由自在にお金を借りたいと考える人も多く、その場合にはカードローンが非常に便利なのです。カードローンは無担保・保証人なしで原則的に利用できるためにとても便利ですが、適用される金利が割高なのが難点でもあります。しかし上手に情報収集して最適な業者を選ぶことで、安い金利でカードローンを利用することが出来るのです。そのひとつは短期間の無利息サービスを提供する消費者金融であり、7日間までの融資であれば実質金利ゼロでお金を借りることが出来る業者もあるのです。また銀行系のカードローンを利用することで、原則として利用目的が自由にも関わらず、低い利率で融資を受けることが出来ます。特に銀行系のカードローンは極度額が500万円から1000万円と言う高額の設定も可能であり、その場合には3パーセント台や4パーセント台という低い利率でお金を借りることが出来ます。また土地やマンションなどの不動産があるときには、不動産担保ローンを活用することで、低い利率で1億円以上を借りることも出来るのです。

最上部へ