疑問解決。消費者金融でお金を未成年でも借りる方法とは

お金が必要になるのは、社会人だけでなく20歳未満の未成年の方もいます。親に頼ることができずに自分で学費を捻出する場合や、自立するための引越し代が必要になると、お金を借りるしか方法がないこともあります。そんな場合は未成年でもお金を借りられるのでしょうか。

お金 借りる 未成年

原則として満20歳にならないと借りられない

ほとんどの消費者金融では、未成年への契約はできないとしています。これは法律で保護者の契約破棄権が定められていることが理由であり、未成年が消費者金融と契約を行うと、保護者がその契約を破棄できるからです。例えば、未成年が消費者金融からお金を借りた後で保護者がその契約を破棄してしまうと、トラブルになってしまいます。しかし、「未成年にお金を貸してはいけない」という法律があるわけではないため、消費者金融によっては未成年と契約をすることもありますが、ごく少数です。

未成年でもお金を借りるには

未成年でもお金を借りる方法がないわけではなく、学生ローンというローン商品を取り扱う消費者金融であれば、18歳以上の学生がお金を借りられます。しかし、学生ではない未成年の社会人の場合は、消費者金融からお金を借りようとしても断られるケースがほとんどです。もう一つの方法は、成年になることです。20歳未満で結婚した場合、日本の法律では未成年ではなく、成年になります。つまり、20歳未満の既婚者は消費者金融からお金を借りられるということになります。

未成年でお金を借りるという機会はそれほど多くはないかもしれませんが、お金を借りるのであれば確実に返済できる金額を借りることと、返済期日を守ることはとても大切です。お金を借りることについてまずは保護者と相談するようにしましょう。

お金を借りる際は利息に注意

20歳以上であれば、学生であってもアルバイトをしているなどの条件をクリアすれば、消費者金融機関を利用することができます。その際に注意してほしい点は、金利についてです。金利は、法で定められた上限を守っている必要があります。2014年現在、上限金利は20%と定められていますので、20%を超える金利で貸付を行っている業者は、悪質業者であるといえます。

このような悪質業者に騙されないためにも、下記のランキングにあるような大手のキャッシング会社をおすすすめします。

最上部へ