生活保護を受給している人がお金を借りる方法

生活保護を受けている人はお金に困窮している人ですから、そもそも現金をほとんど持っていない人になります。支給される金額では生活が苦しいのは当然ですから、お金を借りる方法が無いかと考える人が多くなります。生活保護は国民として健康で最低限の生活を保障するために行われているものですから、基本的にお金を借りることはできないのが一般的です。仕事に就くことができないことで困窮するのが保護を受ける原因ですが、身体上の都合であったり年齢によって就業できない等理由は様々となっています。しかし、収入が無いために生活に困窮している訳ですから、保護費によって借金を返済する行為は税金を使用している以上許されることではないのです。一部の金融業者では生活保護を受けていてもお金を貸している現実があります。仮に融資審査に通ったとしても、キャッシングを利用している事実が知られてしまうと生活保護費の受給が打ち切りにされるのが普通です。キャッシングと生活保護費のどちらが大切かという判断になってしまいますが、最低限の生活を送れるように保障するのが生活保護の役割ですから、借金は最低限の生活を超えていると判断されるのです。生活保護受給者に融資を行う金融業者は、貸金業法に則った営業をしていない可能性がありますので、危険を承知の上で行う必要があります。貸金業法によらず営業している訳ですから、金利が相当に高くなっている場合が多く僅かな金額を借りる場合でも高額な返済額となるケースが多いのです。金融業者からお金を借りるには与信審査が行われますが、この時点で生活保護受給者かどうかは金融業者でも把握することが可能です。それでもお金を貸してくれる金融業者は正常な金融機関ではありませんので注意が必要なのです。生活保護を受けながらお金を借りるには、本人名義では困難となりますので親類や知人から借りてもらう他には方法が無いのが現実なのです。保護費は生活のベースとなるものですから、借金によって打ち切られないように注意が必要なのです。

最上部へ