意外と簡単。質屋でお金を借りる方法

お金を借りる場所と言えば、銀行や消費者金融をイメージすることが多いかもしれませんが、質屋でも品物を担保にお金を借りることができます。
質屋に行くのは抵抗があるという声もありますが、自分の品物でお金を借りるので決して恥ずかしいことではありません。
質屋でお金を借りる際は、カードローンやキャッシングのように審査がありません。そのため、急にお金が必要になったときでも安心して利用できます。

お金 借りる 質屋

質屋での借入れ

質屋では品物によって借入れできる金額が決定します。
金額が決定したら、預かり期間や利息、保管料などの質料の説明を受け、納得できたら契約成立です。身分証明書を提示し、本人確認が完了したらその場で現金と質札を受け取ります。質札には借入額、品物、質料などが記載されています。品物を取りに来る際に質札が必要になります。
なお、質屋での借入れは18歳未満の方はできません。

査定を上げるコツ

どんな品物でも第一印象が大切です。
汚れはきれいに取り除き、手入れしておくとよいでしょう。
また、取扱説明書や箱、袋、保証書、鑑定書などがあれば一緒に査定してもらいましょう。付属品がない場合は取引できないこともあり、できたとしても安くなってしまいます。時計は電池切れの場合、壊れていると見なされることがあるので、電池交換はしておきましょう。すべての品物に値段がつくとは限りません。事前に質屋に確認しておくと取引がスムーズです。

質草がある方には質屋が便利

質屋は返済日までにお金を準備できなくても、キャッシングのように遅延賠償金が発生することはありません。
質入れした品物を手放せば借金が増えないため、無収入でも高価な品があれば現金を手にできるため、質草をたくさん所持している方にはぴったりです。
ただし、品物は3か月程度で流れてしまうため、質入れの際によく考えて預けるようにしましょう。

質屋に入れるものが無い方は

質屋に入れる品物がないという方や、今すぐにお金を借りたいという方にはキャッシングをおすすめします。キャッシングであれば、質屋と違い、PCやスマホから申し込んで振込で融資を受けることができますので店舗に出向く必要もありませんし、担保も必要ありませんので、より手軽にお金を借りる方法といえます。

最上部へ