大学生が必要なお金を借りるいろいろな方法

学費を借りるさまざまな方法

大学生の中には実家からの仕送りだけでは生活費や大学の授業料が十分にまかなえない場合もあります。そのようなときには必要に応じてお金を借りる方法について考える必要があります。特に大学の授業料は年間100万円以上の場合も多く、大学に合格したときに奨学金を借りる準備をするのが理想的です。

無利息の奨学金もあります

公的な奨学金であれば無利息の制度もあるために、大学を卒業した後もゆとりを持ってお金を返済することが出来ます。
また災害などで緊急にお金が必要になったときにも、公的機関であれば学生向けに特別な奨学金を提供することも出来るのです。
このように大学生であればまず最初に公的な融資の制度を活用することで、本当に困ったときにも役立てることが出来るのです。

生活費が借りられるケースも

また個別の大学でも生活費に困った時には、3万円程度を上限として緊急に融資している場合もあります。したがって大学生が生活に困ったときには、在学している大学の学生課に相談をしてみるのもお勧めです。

公的融資以外の方法

しかしそれ以外にもアルバイトなどで毎月一定の収入のある大学生であれば、普通のパート労働者やフリーター同様にカードローンを利用することも可能です。特に学生ローンの情報サイトを利用することで、学生でも審査が通りやすくて使いやすいカードローンを見つけることが出来ます。

特に18歳から借り入れ可能であり、また上限が小さなローンであれば借り過ぎずに計画的に返済を行うことが出来ます。そして特に学生ローンの専門業者であれば、利用者が大学生であるために審査にも柔軟に対応しています。特に即日融資が可能であったり優遇金利のキャンペーンを行っている業者もあるので、通常よりも有利な条件でスピーディーに融資を受けることが出来ます。また学生ローン業者では通常の融資に加えて、学費目的の融資も行っています。そのために学費の支払いに困っている場合には、通常のカードローンと比べて更に低金利でお金を借りることが出来るのです。

安心な大手キャッシング会社

しかし、学生向けローンは、小さな会社であるため、悪質な業者が混じっている場合があります。悪質な業者は、法定金利以上の利息を請求してくるケースがありますので、見分けることが大切です。

不安な方におすすめなのは、大手銀行グループなどのキャッシングサービスです。大手のキャッシング会社も、学生であっても20才以上で、アルバイトで安定した収入があれば、お金を借りことができます。また、プロミスなど、サービスによっては一定期間無利息で借りられるサービスもありますので、比較検討してみましょう。

最上部へ