主婦でもお金を借りることが出来るのか

主婦でも家族の急な病気や怪我、生活費などお金がどうしても必要になることがあります。足りない分をパートやアルバイトで補いたくても子供が小さくて働きたくても働けないという方もいます。一時的にお金が必要になったときに主婦でもお金を借りることはできるのでしょうか。ここでは、主婦でもお金を借りる方法について紹介します。

主婦でもお金を借りる

借りるなら銀行カードローン

貸金業法の改正に伴い、自身の年収の3分の1までしか借入れできない総量規制が設けられたことで専業主婦や無職の方は借入れがかなり難しくなりました。しかし、総量規制の対象外である銀行カードローンであれば専業主婦への貸付も従来通り行われています。銀行からの借入れであっても、自身に収入がないということには変わりがないため、限度額が30万円までなど契約時に少な目の限度額が設けられるケースがほとんどです。それでも自身の本人確認書類だけでお金を借りることができ、配偶者に知られることがないため、安心して利用できます。

消費者金融から借りたいなら

消費者金融の場合、パートやアルバイトでも定期的な収入があれば借入れ可能です。つまり、主婦でもパートなど仕事を持つことでお金を借りることができ、きちんと返済をしていれば限度額増額の相談もできるようになります。消費者金融によっては無利息キャッシングが利用できるため、期間内に一括返済すれば利息ゼロ円でお金を借りられます。無利息キャッシングなら銀行よりもオトクに借入れできます。

あらかじめ主婦でもお金を借りられる金融機関を探しておくと万が一のときでも安心です。少しでも金利が低いところから借りることで返済の負担の軽減につながります。シミュレーションツールを活用し、自分にぴったりの金融機関を見つけましょう。

最上部へ