パートもお金を借りることは出来るのか

主婦でもパートの仕事をしている人はたくさんいますが、パートの場合は収入が少ないからお金を借りられないと思われがちです。パートで月10万円稼いだとすると、年収は120万円程度になります。経済力が決してあるとは言えないパート勤務の主婦でもお金を借りられるのでしょうか。

パートでもお金を借りる

一定の安定した収入があればOK

消費者金融からお金を借りる場合、利用限度額に条件がつくことがありますが、安定した収入があり、過去にクレジットカードやキャッシングの返済で延滞などがなければ借入れ可能です。審査では収入によって返済能力が判断されるため、利用限度額が10万円や30万円など大きな額を借りるのは難しいですが、ちょっとしたお金であれば配偶者の力を借りる必要がありません。

審査に通りやすくするには

お金を借りる際に審査があります。審査では収入、勤続年数、職業、居住年数、過去の借入れ状況などが判定材料になります。消費者金融は比較的審査が甘く、通りやすいですが、過去に延滞や代位弁済、債務整理などを行った経験があると借り入れは難しくなります。確実に返済期日を守ること、返済できないような額を借りないことが鉄則です。収入が多ければ多いほど良いですが、転職したばかりや他社への借り入れ件数が多い、借り入れ総額が多い場合は通らないこともあります。キャッシングの申込み前に借り入れ件数を減らす、借金総額を減らす、収入を増やすなどちょっとした工夫で審査に通りやすくなります。

申込み必要書類は

お申込みに必要な書類は以下の通りです。

  • 運転免許証または本人確認書類
  • ※運転免許証の無い方は本人確認書類として、有効期限内である「健康保険証」、「パスポート」、「在留カード」、「特別永住者証明書(外国人登録証明書)」をご用意ください。
    ※本人確認書類に記載の住所が、現在の住所と異なる場合。現在住んでいる住所が記載されている「公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話など)」、「住民票の写し」、「印鑑証明書」をご用意ください。

  • 収入証明書類
  • 契約額が100万円を超える場合、「収入を証明する書類」の提出が必要。以下書類の種類です。いずれかをご用意ください。
    ※100万円未満であれば、不要です。

    ①源泉徴収票
    ②住民税決定通知書納税通知書
    ③所得(課税)証明書
    ④給与明細書

が必要となります。

パートでもお金は借りられますし、毎月きちんと返済すれば信用度がアップし、限度額の増額も可能になります。
パートでも融資を受け付けてくれるキャッシングサービスをいくつかご紹介しましょう。

パートでも借りられるサービス比較表

最上部へ