お金に困っているなら借りる方法はいろいろあります

お金に困っているなら借りる方法はいろいろあります。
しかし借入れる前にその方法が本当に最善の方法なのかは十分検討してから借入れをしましょう。
本記事では、お金を借りる方法をいくつかご紹介していきますので、
あなたに十分あった方法を検討してみてください。

お金に困っているなら

親にお金を借りる

急にお金が必要になったり、お金に困っている状況で人は不安になりますし、
軽くパニックに陥る人もいるでしょう。そういった時にすぐに頼りにしてしまうのが両親です。
金融機関の様に、面倒な借入れ申込みや審査などの手続きもありませんし、
厳密な返済期限や利子もあまり気にしなくて良いでしょう。
ですので、安易に頼ってしまいがちですが、悲しいことに家庭裁判の年間の訴訟ケースの半数が
こういった身内間の金銭の貸し借りにおけるトラブルなのです。
本当に急いでいて、お金を借りられる当てもないようでしたら、相談してみるのは良いと思いますが、
その際は身内間の甘えは出さず、相手がいいよといっても必ず、借用書の様な契約書をつくり、いつまでにいくらを返すかを明記しておきましょう。
大げさだと感じるかもしれませんが、今後のお互いの関係を壊さないために
是非やっておくと良いでしょう。

友人、知人からお金を借りる

これも前述の「親からお金を借りる」同様、あまりおすすめしません。友人や知人の場合、しっかり返済出来なかった場合に限らず、返済期限が遅れたなどの場合でも関係は悪化してしまう事が多いです。また、親と違って一度壊してしまった信頼関係や人間関係のヒビはなかなか修復できるものではありません。友人や知人からお金を借りるような状況になってしまったのならば、借用書の準備は必須です。また、借入れ理由も明確にしておく必要があるでしょう。

銀行からお金を借りる

お金を借りる方法の中では一番安心な方法かもしれません。
銀行でお金を借りると聞くと、かなり融資審査が難しくて時間がかかるイメージをお持ちかもしれませんが、借入れ目的に合わせた融資制度を選べば、即日融資も可能ですので用途別にご紹介しましょう。

とにかく低金利で借りたい場合

銀行もしくは銀行系のカードローンやキャッシング会社で借入れましょう。
銀行からの借入れメリットはその金利の安さにあります。
ただし、借入れ条件もしっかり確認しておきましょう。「年齢が20歳以上である」、「定期的な安定収入がある」、「過去に返済遅延や踏み倒しなどの金融事故を起こしていない」この3つが最低条件です。
そして、これに加えて他社での借入れやローンの状況も審査対象となります。

とにかく急ぎで借りたい場合

銀行系のキャッシングまたはカードローン会社から借入れましょう。
銀行のローンではなく、銀行系のキャッシングやカードローンであれば、申込み当日に借入れが出来るところが多くあります。
例えば、三井住友フィナンシャルグループであるSMBCコンシューマーファイナンスのサービス「プロミス」や、三菱UFJフィナンシャル・グループであるアコム株式会社の「アコム」などです。
特に「プロミス」であれば、銀行系のキャッシングサービスの中でも非常に便利なサービスが充実しています。

30日以内に返済出来る目途がある場合

30日間だけ無利息で借りられる銀行系キャッシングサービスがあります。
前述でもご紹介した、三井住友フィナンシャルグループであるSMBCコンシューマーファイナンスの提供している「プロミス」であれば、
初めての借入れの方でメールアドレス登録とWeb利用明細の登録を行っていれば、30日間無利息でお金を借りられるのです。

キャッシングサービスでお金を借りる

銀行系のキャッシングサービスのご紹介は前述の通りですが、その他にもさまざまなキャッシングサービスがあります。
ただし、今回銀行系キャッシングサービスをご紹介したのは、理由があります。数年前に改正された貸金法の改正でグレーゾーン金利の撤廃をされた今もなお違法は金利で貸付を行っている、いわゆる闇金と言われるキャッシング会社は世の中にはびこっています。即日で貸してくれるからとか、高額の融資をしてくれるから等の理由で安易に飛びついてはいけません。そのために、多少申込み書類の記載が面倒くさくてもちゃんとした銀行系のキャッシング、またはカードローンサービスを利用することをお勧めするのです。また、先ほどご説明しましたが、今は銀行系キャッシングサービスといっても即日で融資を行ってくれるところが多いです。
本当にお金に困っている場合のお金を借りる方法として、是非覚えておいて貰えると良いでしょう。

最上部へ