携帯電話の料金が払えない時のピンチはこうして乗り切る!

スマートフォンが普及したことにより、パケット定額プランの加入や携帯端末の分割払いなど携帯電話料金が月1万円以上というのは特に珍しいことではなくなりました。携帯端末は5万円~7万円程度と高価であり、パケット定額プランも外せないものであることからも、学生や社会人になったばかりの若者など収入が少ない人にとって、携帯電話料金を支払うのはなかなか大変なことだと思います。お金がなくて携帯電話料金を支払えないということもあるかもしれません。そんなピンチを乗り切る方法はあるのでしょうか。

携帯電話料金を支払えない場合

支払期限に間に合わなかった場合、10日以内にショップなどで支払えなければ延滞金が発生します。さらに支払い期限が過ぎて1か月後くらいで利用停止になり、電話やメール、インターネットなど電波を使用する機能が利用できなくなります。利用停止から1~2か月後には強制解約となり、信用情報機関に延滞として登録されてしまいます。解約された携帯電話会社に滞納金をすべて支払わない限りは最長で5年間は携帯電話の新規契約ができなくなります。

ピンチを乗り切るには

携帯電話料金を支払えないことでブラックリストに載ってしまうと携帯電話の新規契約ができないだけでなく、新たなローンも組めなくなります。あくまでも一時的な解決ではありますが、即日キャッシングを利用して料金を支払うことで利用停止は避けられます。ただし、借金をしたことで携帯電話料金を支払っただけなので、借金は返さなければなりません。キャッシングと聞くとあまり良い印象がないかもしれませんが、すぐに返す見通しがある場合には便利なサービスです。

キャッシングサービスには各社特徴がありますので、下記のランキングを参考に選んでみましょう。

携帯電話は私たちの生活で欠かせないものです。料金が支払えないという理由で手放すのは残念なことです。キャッシングを利用しなくても支払えるように日頃からお金のやりくりを心がけるようにしましょう。

最上部へ