困った時に親にお金をやんわりと借りる方法

親からお金を借りる

自動車を新しく買いたいとか新生活を始めたいとかいう場合は結構まとまったお金がかかります。

この際、カードローンの融資枠があってもその金額を賄えないことも多いですし、借りることができたとしても利息がかなりかかります。

困った時の親頼み

このような時に頼りになるのが自分の親です。無利息で返済期日は厳しくありません。融資限度額は親の信用状態と普段からの信頼関係に依存します。

このような時に、いきなりお金を貸してくれと言っても、なかなか承諾してくれませんし、下手をすると今後の親子関係にも影響を及ぼします。

あらかじめ、やんわりとお金が必要になる旨をほのめかしておいたほうがいいでしょう。
特に女性の方が一人暮らしを始めようとすると、父親が結構反対します。怒らせてしまっては元も子もありませんので、一度母親のほうにやんわりとほのめかしておくといいでしょう。
最近の一人暮らし用のアパートは、女性専用のものもあり、セキュリティも心配いりません。
一人暮らししたい理由にもよりますが、例えば通勤や通学に時間がかかり、体調不良になっている等の理由があれば、お母さんは承諾してくれるでしょうし、万が一父親が反対しても味方になってくれる可能性が高いです。

一人暮らしが大事です。

もちろん、一番大切な一人暮らしのための資金借入も問題なくできるでしょう。
また、車を買う際には結構多額の金額がかかります。
この際、お金を借りるためには、今の自分の年収では車を買うのは大変だと問うだけではなかなかお金を借りることは難しいです。
それならお金をためてから買えばいいではないか、と言われるのがオチです。

このような際は、自分だけの理由で買うのではなく、例えば親の買い物等で運転手になれば、自分たちも楽になるということをアピールすることが大切です。それも、いきなり車の話をするのではなく、買い物が大変だから手伝うよというところから入っていくと、親の印象も変わります。いずれにせよ、お金を借りる以上は気持ちよく借りたいものですね。

最上部へ