キャッシングの限度額について~いくらまでお金を借りることができる?~

キャッシングの契約を行うときは必ず限度額が設定されます。限度額とはその人が借りることができる上限の金額のことです。ここではキャシングの限度額にまつわる基本的な知識をご紹介します。今すぐお金を借りたいというときに、いくらまで借りることができるのでしょうか?キャッシングの限度額がどのように決定されるか知っておきましょう。

woman_07

1.限度額の決定方法について

基本的に借入の限度額は年収の3分の1と設定されています。これは1社からの借り入れではなく、ローンの合計金額のことです。例えば、年収300万円の人が消費者金融のA社から50万円の借入をしている場合、他の消費者金融B社における借入限度額は50万円となります。

2.限度額の審査について

それでは、年収の3分の1の金額であれば、誰でも無条件でお金を借りることができるのでしょうか?残念ながら答えはNOです。キャッシングの契約時に、収入はもちろん、性別・年収・職業・勤務先・勤続年数などが審査され、安定した人から優遇されます。また、キャッシング会社が特に注目しているのは「借入履歴」です。過去の返済にトラブルがないことが大前提となります。また、初めて借り入れを希望するよりも、過去に借入の経験があり、借入の期間も長かった人のほうが信用される傾向にあります。

3.限度額の増枠について

たとえ、初回に希望の金額を借り入られなかったとしても、落ち込まないでください。利用実績に問題がなければ、こちらから直接申し込まなくても増枠してくれることがあります。増枠は新規契約から最低半年以上たってはじめて、声がかかるようです。キャッシング会社との信頼関係を築くためには、時間が必要であるということですね。また、増枠の金額も10万円単位で少しずつあがっていくのが、一般的な傾向のようです。

4.限度額の増枠に必要な条件

増枠にあたり、これまでどのような借り方をしていて、しっかり返済が行われていたかが考慮されます。延滞が一度でもあった場合は、残念ながら増枠のチャンスはありません。また、利用回数が少ない人も信頼はあまりされません。まじめに定期的にキャッシングの借入・返済を行っていることが増枠の条件となります。また、他社の消費者金融と契約しているのはマイナスイメージとなります。複数の会社から借金を背負っていることで、返済能力を疑われてしまうのです。また、審査の際には個人信用情報機関を通して、あなたの信用情報が参照され、借入履歴はすべて把握されてしまうので、嘘をつくことはやめましょう。

まとめ

人間関係と同じく、キャッシング会社との関係も「信頼」が大事です。信頼を築くのには時間がかかりますが、崩れ去るのは一瞬であることを肝に銘じて、上手にキャッシング会社と付き合っていきましょう。

最上部へ