18歳の人がお金を借りるというのはあまりお勧めしない

生活していると、お金に関しての問題というものは、必ずと言っていいほど出てくるものです。18歳になった頃は遊び盛りですので、お金を使った遊びはたくさんしたいと思う気持ちはよくわかります。パチンコ、スロットや、賭け麻雀などして遊ぶという人も少なくないです。自分の貯めたりしたお金を使用して遊ぶことに関しては、誰も文句を言わないです。しかし、それでもさらに遊びたいためにお金をたくさん借りるなどして、ギャンブルのようなことをする人がいますが、これはやめたほうがいいです。もちろん、借りる相手をちゃんと選ぶといったことをするのであれば、全然問題はないかもしれないです。しかし、変なところからお金を借りたりすると、とても後々苦労することになります。そういったことが非常に多いですので、特に注意する必要があります。たとえば、少しの間だけ借りるとしても、金利が異常に高かったり、そういった場合があったりします。そうなってくると、収入の低い若い世代の人は、お金を借りるという行為はやめたほうが賢明です。目的にもよりますが、例えば遊びのためにお金が欲しい、どうしてもほしい車があるから借りたい、などなどいろいろあります。そういった場合は、苦しいかもしれないですが、我慢したほうが後々後悔少なくて済みます。しかし、中には借りた場合の方がいい場面もあったりします。たとえば、大学に行くために奨学金などでお金を借りる、どうしても学びたいものがあるから借りるといったことです。これは、借金という物を作りますが、自分の将来のために役立つための出費だと思っていいです。そういった面では借りるというのも選択肢の一つに入ります。ですが、そこで他人に借りるはできるだけ控えるように気を付けることです。まずは親から、それでもだめなら仲のいい知人、そういったところから借りるように心がけることが大切です。遊び目的、そういったものならば、貸し借りは控えるようにするべきです。

最上部へ