福祉の制度でお金を借りると安心な生活ができます

失業中だったり、仕事をしていても低所得のために生活が苦しい方などどこからもお金を借りることが難しくて困っている方のための制度があります。それは、自治体が行っている公的貸付制度です。福祉資金や生活資金などを融資してもらえる制度で、高利な貸金業者から借りて大変なことにならにためには、この制度を利用してみてはいかがでしょうか。福祉資金は、市民税などが非課税など低所得の世帯や身体障害者、知的及び精神障害者の方がいる世帯、日常生活上で介護を必要とする高齢者のいる世帯などに、生活を安定させるために貸付してもらえる制度です。貸付の種類も「福祉費」と「緊急小口資金」と2種類あります。福祉費は、技能習得に必要な経費だったり、住宅の増改築や病気の療養に必要な経費など様々な場面において融資してもらえます。目的に応じて貸付金額や償還期間はことなります。また、「緊急小口資金」は10万円以内ですが、緊急の場合や一時的な生計の維持のために貸付してもらえるものです。たとえば、医療費や介護費の支払いなど臨時的な生活費、火災などで被災した場合や事故などで損害を受けた場合などの急な支出の時などいろいろな場面で対象の可能性があります。福祉資金の申請は、現住所がある市町村の社会福祉協議会になります。貸付金の利子ですが、「福祉費」の方は連帯保証人がいる場合は無利子になります。連帯保証人がいない場合も貸付を受けられますが、利子が1.5%になります。「緊急小口資金」は、連帯保証人が必要なく無利子で借りることができます。こうして、福祉の制度を利用すると安心してお金を借りることができます。どうしてもお金が必要な場合、これらの制度を利用してみてはいかがでしょうか。母子世帯、寡婦世帯の方は母子寡婦福祉資金貸付制度が優先されますので、そちらを利用ご利用ください。また、自立、償還見込みのないと認められる世帯は貸付ができない場合があります。

最上部へ