留学をするために業者にお金を借りるにあたって

海外留学費用
最近は、世の中全体的にグローバル化、国際化と言うものが進んでおり、ビジネスをはもちろんのこと、プライベートでも外国語と言うものを話すことができれば、様々なメリットを感じることが出来ます。

実は安い語学留学のメリット

できれば海外に留学して、外国語の勉強を行いたいと考ている人も多いのではないでしょうか。

英語の学習には1500時間が目安と言われています。

週1回、月4時間程度の駅前留学だけの英語学習では、31年かかることになるので、現実的ではないですよね。

月2万の月謝を31年かけると、なんと7,440,000万円

とんでもなく効率の悪い勉強法です。

海外留学中にみっちり英語漬けした場合はどうでしょうか?

気合を入れて一日15時間勉強してみると、100日、3ヶ月とちょっとですみます。

比較費用が安くすむ、カナダやニュージーランドであれば、3ヶ月の滞在費用は50万円程度。

英語にクセはありますが、インドやフィリピンであればもっと安く英語学習が可能になります。

一気に留学しての語学学習が現実的になったのではないでしょうか?

また、海外留学のメリットは、語学だけでなくコミュニケーション能力が鍛えられることです。

TOEIC900点の人でも、英語で外国人とコミュニケーションを取るのは苦手、という話はよく聞きます。

コミュニケーション能力は、場数を踏まなければ鍛えられないということもあります。

外国で冷や汗をかきながら、学んだ語学とコミュニケーション能力は、きっとその後役に立つことでしょう。

ただし、外国での生活が楽し過ぎて、勉強もせず遊んでばかり、ということにならないようにご注意ください。

海外留学に役に立つカードローン、キャッシング

しかし、留学はしばらくの間遠く離れた外国で生活をすることになりますので、日常生活に掛かるお金などそれなりの金額が必要になり、手持ちの資金がない人には実現が難しいと思っているのではないでしょうか。

そこで役に立つのが業者が提供している、カードローン、キャッシングなどです。

勿論、ワーキングビザ、ワーキングホリデービザ以外では、外国でお金を稼ぐことは出来ませんので、長期の滞在費用をまとめて借り入れるのは、おすすめ出来ません。しかし、3ヶ月程度の短期留学で現地でみっちり勉強して、その後のステップアップに繋げたい、と考えている人には、海外で生活することはぴったりです。

海外アルバイトが出来るワーキングホリデービザは、短期留学にはおすすめですが、残高証明が必要な国もあります。

残高証明お金が少し足りない、という急ぎの場合は、プロミスなどのキャッシングを利用して残高不足を補って、渡航までに不足分のお金を貯めるなどの方法もあります。

今すぐにでも海外留学をしてみたい、という方は一度、大手消費者金融でのキャッシングも合わせて検討してみてください。

最上部へ