生活が困窮している人のためのハロワでお金を借りる制度

様々な事情によって会社を退職して、会社の寮を出て行った場合に住む家がない人や今すぐにでも生活資金のためのお金が必要、などの困っている人のためにハロワでお金を借りる制度が利用できるようになった事です。融資を受ける際の身元保証人は必要がない事が特徴です。お金を借りる事に関しては、ハロワでなくても消費者金融で借りる事ができますが、金利などのリスクが生じるのです。退職をした場合は、雇用保険に入っていた場合は失業のための給付を受ける事ができますが、失業のための給付を受けてたとしても、生活の状況次第ではハロワからお金を借りる事ができます。ハロワでお金を借りる目的は、あくまでも就職のための融資である事を頭に入れておかなければならないのです。就職を果たすまでの生活資金として運用をして、就職を果たす事によって、就職先で仕事をしたお金で毎月返済していく事になります。就職のためのハロワでの融資は、雇用保険における失業の給付によって融資の限度額が決まる事が特徴です。失業の給付を受けている人の融資の限度額は、60万円程度です。内訳として、50万円分は住居のための費用に充てる目的で制定され、残りの10万円は生活費や就職に関する活動費として割り当てられます。雇用保険の失業の給付を受けられない場合は、融資の上限として186万円が制定されています。内訳は、住居費に関して86万円が充てられて、就職に関する活動費と生活費に100万円を限度として割り当てられます。ハロワに融資を申し込む際の金利に関しては発生しない事が原則であって、申し込む際に、雇用保険の加入の有無を確認したり、様々な融資に関する書類の提出をする際に希望の融資額を決めます。書類の審査が通過した後に、融資を受ける事になります。お金の支給に関しては、原則的に一ヵ月ごとの振込みとして処理されます。融資を受けている最終に就職が決まった場合は、融資を途中で打ち切って、融資を受けた分の金額を就職後に返済する事になります。

最上部へ