無職の人でもお金を借りることができる方法

特定の会社などで勤務をしていない、いわゆる無職の人でも、キャッシングは実は可能です。銀行のキャッシングでは無理ですが、消費者金融の場合は工夫次第でお金を借りることができるのです。キャッシングをするための第一条件は、収入を得ていることです。そのためキャッシングの申し込みをする際には、どこに勤めていて、そこからいくらの給料をもらっているのかを明らかにするための書類の提出が必要になります。給料明細書や源泉徴収票などです。しかし消費者金融では、50万円以下など比較的小額の借り入れの場合は、それらの証明書を提出する必要がありません。つまり給料をもらっているという証拠を提示しなくてもお金を借りることができるというわけです。もちろん嘘はいけません。収入証明書の提出が必要ないからといって、たとえば一流企業に勤めていて年に1000万円稼いでいるなどと偽りの情報を申し込み用紙に書いても、その後の審査ですぐに嘘がばれてしまいます。しかし消費者金融側が嘘であると確認できない情報であれば、多少どんぶり勘定であっても審査に通ることができます。たとえば家業の手伝いをしていて、そこからお駄賃のような形で収入を得ている場合や、インターネット上のオークションやアフィリエイトなどで稼いでいる場合などです。何らかの形で収入を得ているという事実がありさえすれば、正確な年収を提示せずとも、審査には通るのです。ただし全ての消費者金融がそうというわけではなく、お駄賃やオークションでの収入を、定収入と認めない消費者金融もあります。ですから無職の状態でキャッシングをしたい人は、まずはインターネットのクチコミなどで、審査に通りやすい消費者金融を探しましょう。見つけることができたら、オークションやブログなど収入を得ることができるところに会員登録をしましょう。あとは、それらからいくらかでも収入を得ることができれば、会社勤めをせずともキャッシングができるようになるのです。

最上部へ