無職になると気軽にお金を借りる人が増えます。

ー読者からのお金にまつわる体験談ー
最近では非常にお金が借りやすくなったと感じます。至る所にATMがありまして、審査なんかなくったって、即日にお金を借りることが出来ますよと言ったような看板がいたるところに設置されているのをよく見ます。なんだ、こんなに簡単に手に入るんだったら、いつ無くなってもいいやと思う人が増えているのではないでしょうか。そして最近では働かない人である無職に人でも、こういったATMにて簡単に借りられるような所があります。特に無職と言っても、専業主婦の人のような人でも借りられたりしますので、びっくりします。やはり働いている人よりも、無職の人の方がお金を借りる人が多いのではないでしょうか。しかし、当然のことですが、お金を借りると、どうしても利息が付きます。ある一定期間だけは付かないから、借りても大丈夫だと安心して、平気で借りる癖が付いてしまうと、結局無頓着な心が返すことを忘れてしまって、忘れた頃にその借りた分の利息の請求書が来て、びっくりすることになると思います。そしてまた、借りたお金で返せばいいやと、その繰り返しで、どんどんと雪だるま式に借金が増えていってしまって、最終的にこのような人が行き着くところとしては、自己破産だけしか方法がなくなってしまうことも多々有ります。こうなってしまうと、無職であるし、自己破産して社会的な地位も名誉もなくなってしまって、もうどん底に落ちるしか方法がなくなってしまうと、人生がお先真っ暗になってしまいます。このように無職の人でも簡単に借りる事が出来る今、自分自身にもっと気合を入れて、何としてでも借金はしないと言った根性みたいのが必要になってくると思います。やはり意識している人と、意識していない人とではまったく違ってきます。借金をしている暇があるのであれば、無職の人は、職業安定所に行くなどして、雇用保険などの相談をする、または積極的に職探しをするなどの貪欲な心を持ったほうがいいと思います。

最上部へ