子どものための学資保険を利用してお金を借りる方法とは

お金を借りるには様々な方法がありますが、保険会社から借りる方法もあります。

特定の保険に加入していることが条件となりますが、予想以上に大きな額を借りることが可能ですから、急にお金が必要になったり、今日明日中に今すぐお金が必要な時など、いざというときのために知識を持っておくことが大切です。

お金を借りるには審査が必要ですが、審査に通るかどうか不安な人も多いと思います。

新規の借り入れが厳しい人の場合にはクレジットカードのキャッシング枠を利用することも可能ですが、一括返済では利用できないという人も多いはずです。

既婚者で子どもがいる家庭では、子どものために学資保険に加入していることが多くなります。学資保険は積立型や貯蓄型の商品となっていますので解約返戻金があります。加入した当初は積立額が少ないためにほとんど解約返戻金がありませんが、長くかけ続けていれば解約返戻金が大きくなってきます。

貯蓄型と言うことで解約すれば積み立て分の解約返戻金が手に入りますが、解約すると医療保障やお祝い金が受け取れないため解約せずに満期までかけ続けたいと思うのが普通です。長くかけていれば解約返戻金が多くなっていきますので、契約者貸付として解約返戻金の範囲内で融資を受けることが可能なのです。

積立金の一部を使用することで錯覚してしまいがちですが、解約返戻金で相殺するのではなく、借金になりますので必ず返済しなければいけませんので注意が必要です。加入している学資保険の額が大きいほど借りることが可能な金額も高くなりますが、返戻率は種類によって異なりますので加入時にもしもの場合を想定しておく必要があるのです。

学資保険でお金を借りるメリットは、銀行融資などに比べても金利が低くなっている点にあります。積立型の保険には満期前に解約すると元本割れを起こす商品がほとんどを占めますので、満期まで掛け続けることが基本となります。

その間資金の流動性に欠けるというデメリットがありますが、契約者貸し付けによって解消できるのです。また満期までかけ続ければ、最終的に解約返戻金によって相殺することが可能な点もメリットと言えます。

最上部へ