契約者貸付でニッセイからお金を借りる方法

保険でお金を借りる

保険会社のニッセイからお金を借りる

今すぐお金が必要な時など、緊急度の高い場合において、お金を借りると言えば銀行や消費者金融などの金融機関を利用するのが一般的ですが、ニッセイなどの保険会社からも借りることが可能です。ニッセイで取り扱っている保険では、解約返戻金があるタイプの保険を利用することになりますので、終身保険や学資保険が該当します。

貯蓄型、積立型は解約すると損

終身保険や学資保険の特徴として貯蓄型や積立型と言われる部分にあり、医療保障よりも満期時の解約金を重視している点にあります。
毎月保険料を支払っていくケースもあれば、一度で保険料の全額を納める全期一時払いと言う支払方法が選べる点に特徴があります。
解約返戻金は保険料を支払うごとに増えていき、満期時には元本以上の保険金が手に入ります。

解約するより、解約返戻金内でお金を借りる

一方で満期前に解約すると元本割れの可能性が高くなる保険ですので、解約せずに満期までかけ続けることが基本となるのです。
解約すればその時点での解約返戻金が受け取れますが、満期時までかけ続けた場合に比べれば保険金が少なくなりますので、
解約返戻金の範囲内でお金を借りていくことが賢い選択になると言えます。これを契約者貸付と言いますが、
終身保険や学資保険などの積立型保険では、積み立てられた解約返戻金の範囲内でお金を借りることができるのです。

金利も低く設定されている

融資範囲は保険会社によって異なりますが、70パーセントから90パーセントの範囲内でお金を借りることが可能ですから、
高額な保険に加入している人ほど借りることができる額も高くなるのです。解約返戻金のある保険では、ニッセイに限らず
ほとんどの保険会社で利用できるものですから、もしもの時に備えて知識の一つとして覚えておくことが大切なのです。
契約者貸付のメリットは、金利が低く設定されている点にあります。

困った時のために覚えておきましょう

キャッシングやカードローンと比べれば格段に金利が低くなっていますので、経済的にお金を借りることができるのです。
契約者貸付は保険会社によって利用方法が異なりますが、ニッセイのなどの保険会社では加入者専用の生命保険用の
カードが発行されていますので、ATMからキャッシングやカードローンのように利用できるメリットがあります。

保険の掛け金の支払いに困ったら

とはいえ、貯蓄型は保険の掛金が大きくなり、月々の保険料が負担という人もいるのではないでしょうか。
一度、保険を見直し、必要ないようであれば、一旦保険を解約し、改めて安い保険を選ぶ選択肢もあります。

とりあえず、急ぎで現金が必要ならキャッシングという方法もありますので、チェックしてみてくださいね。

最上部へ