友人からお金を借りるのはやめましょう

お金を稼ぐ

私たちの生活にはお金が欠かせないものです。お金を得るために誰しもが仕事をしています。しかし、休日返上で働くなど努力をしても不景気の影響で収入が減額されることもある厳しい現状の方も多いでしょう。そのため、副業を行ったりするサラリーマンや主婦が増えてきており、現在はネットでの副業もできアフィリエイトやポイントサイトの記事作成などを行って誰でも気軽に稼ぐことが可能になりました。

どんなときお金を借りる?

お金を借りる人は、どんな理由で借りているのでしょうか?

お金を借りるシチュエーションとしては主婦の場合、旦那に内緒で高額なバッグやアクセサリーなどを購入したいという理由でキャッシングを利用する場合があります。旦那も秘密を持っているから自分へのご褒美として少しならいいだろうという気持ちが働いているのかもしれません。

学生の場合には卒業旅行や遊びなど事前に計画しておいたイベントにお金が足りなくなり、利用するというケースがあります。学生では20歳以上でアルバイトなどで一定の収入がある人なら審査に通れば、キャッシングを行うことが可能です。

お金を友人から借りるのは考えもの

急な出費が出てきてお金を借りたいとき、一体誰に相談すべきでしょうか?

お金 借りる 友人

身内にお金を借りることができればいいのですが、なかなかお金の話は話しにくいものです。また、金額が高額になればなるほど話しづらくなるものです。友人に相談する人もいるでしょう。しかし、友人に相談すれば話には乗ってくれるでしょうが、友人間の金銭の貸し借りはトラブルのもとです。きちんとあらかじめ借用条件を決めておかないと、その友人との関係が壊れてしまうこともあります。万が一返済できない状況になってしまったり、返済が滞ってしまうと、友人関係にひびが入りもはや修復不可能になることもあります。

誰にも相談できないケースはキャッシングという方法も

親や家族、友人にも相談できない場合、一体どうすればいいでしょう。比較的簡単にお金を借りる方法は、金融会社にキャッシングをすることです。お金を借りる相手がいない場合は、キャッシングが最善の方法といえるかもしれません。大手の金融会社だとテレビCMでも多く紹介されており、安心感があります。また、きちんとしたキャッシング会社であれば、法で定められた上限金利を守っていますので、法外な利息を取られる心配もありません。

お金を借りる前にきちんと比較を!

お金を借りるには、安心な大手キャッシング会社をおすすめしますが、無利息期間サービスなどに各社違いがありますので、借りる前に比較検討してみましょう。

最上部へ