国民健康保険証や社会保険証があればお金を借りることができます。

消費者金融や信販会社、クレジットカード会社、銀行系のカードローンで申し込みをする際に、本人確認書類はどのようなものが有効でしょうか?

本人確認書類として認められる書類

本人確認書類として認められる書類は、運転免許証・各種保険証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード、外国人登録証明書といった書類が本人確認書類として認められます。ポイントカードや銀行のカード、学生証などは名前が書いてあっても住所は書いてありませんので本人確認書類になりません。公的な機関が発行した書類が本人確認書類として採用されます。

運転免許証をまだとっていないという方は、国民健康保険証か会社に勤めていれば会社の社会保険証が本人確認書類となります。店頭窓口や自動契約機にてお金を借りるときには、本人確認書類は必ず原本でなければなりません。コピーは不可です。

お金 借りる 保険証

キャッシング申し込みの本人確認書類提示方法(インターネット、電話契約)

インターネットや電話での申し込みは、FAXで送信するか、デジカメで写真を撮りパソコンからネットで写真を添付して提出するか、ケータイやスマートフォンで写真を撮影してそのまま送信することで、来店することなく提示をすることができます。

但し、今すぐお金を借りたい方には、インターネットからのお申込みがおすすめです。また、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでしたら、公式アプリからも確認書類を提出することができます。大手キャッシングサービスの融資スピードについては、下記の表をご覧ください。

しかし、引っ越したばかりなどで本人確認書類の住所を書き換えていなくて、現住所と異なる場合には別途現住所を証明する書類が必要になります。

例えば、電気・ガス・水道といった公共料金の領収書や住民票といった書類で現住所を証明する必要があります。キャッシング会社によってですが、公共料金の請求書のみは不可で支払い済みのものでないと書類として認めてくれない場合がありますので注意が必要です。

キャッシング申し込みの本人確認書類提示方法(郵送契約)

郵送契約の場合についてですが、電話にて審査完了後にキャッシング会社から自宅へ申し込み書類が郵送されてきます。申し込み書類に必要事項を記入して、本人確認書類の写しを同封して返信用封筒で返信することで提出なります。郵送契約は、契約書類の郵送のやりとりがあるので即日融資というわけにはいきませんが、来店不要で手続きができます。

最上部へ