友達がお金を借りる際に連帯保証人になった場合

頭を下げられ、その上、金額が多くなければ、友達がお金を借りる際の保証人の依頼を断りづらいと考える人も少なくないです。一般的に金銭貸借の保証人は、連帯保証です。連帯保証人になると、お金を借りた友達が支払いをできない場合には、代わりに支払いの責任を負うことになります。またその支払いができなければ、強制執行を受けなければならないほど、責任が重くのしかかってくるものです。これが連帯のつかない保証契約の場合には、保証人に先に請求が来たときには、自分より先に債務者である友達に請求するよう要求できる抗弁権があります。また先に債務者の財産に強制執行をするよう要求する抗弁権もあります。しかし連帯保証人の場合には、これらの抗弁権はありません。そのため連帯保証人は、否応なく友達が借りた借金の支払いをしなければなりません。しかし連帯保証人が友達である債務者に代わって借金の支払いをしたときには、その分を債務者に対して請求する権利を取得します。これを求償権といいます。債務者に財産があれば、訴訟を起こして判決をもらい、強制執行をして回収を図ることになりますが、財産がなければ諦めなければなりません。連帯保証人については、若い人の中には、自分が借りたわけではないので支払う必要がないと考える人もいます。連帯保証では、貸金業者は借りた本人に請求しても、連帯保証人に請求してもよく、またどちらの所有している財産に対して強制執行してもよい決まりになっています。借金をしている人でも、法律が守っていることを忘れてはいけません。利息制限法、貸金業法、出資法などの法律があります。貸金業者の取立てが強引な場合には、警察の保護を求めることができます。返済の努力を尽くすことは当然ですが、無理な額なら債務整理という方法もあります。借金で大変なときは、自分で何とかしようとせず、誰かに相談することが重要です。弁護士会の相談窓口なども利用できます。

最上部へ