友人にお金を借りるのはあくまで最終手段にするべき

どんなに今すぐお金が必要な急を要している場合でも、お金を借りるというのはあまりしないほうがいいのです。大事な目的、例えば大学のためや、仕事のためにパソコンが必要になったりと、そういった場合はお金を借りることもあるかもしれないです。そういった場合はおそらく、周りの人も協力してくれることも多いです。しかし、それでもまずは親から相談したほうが賢明です。よくあるのですが、親には迷惑かけたくないから友人に借りるといった人もいますが、これは親がどうしても駄目だった場合の手段にしたほうがいいです。友人にお金を借りるというのは、確かに頼みやすいかもしれないです。しかし、不思議とお金の貸し借りを友人の間でやってしまうと、縁が遠のいてしまう場合もあったりするのです。これはどういったことかというと、例えば友人に10万円借りたとして、返すのは一か月後だとします。それまでは借りたお金を返さなくてもいいと、借りた側も思うことです。もちろん、貸した側もそう思っていることです。しかし、とっさに必要な出費が友人側で現れたとすると、あのときに貸した10万円が痛手になり、払えなくなります。そういった時には、借りた側に少々早いが返してもらえないかといってしまったりするのです。そういったパターンの時には、かなりの確率でトラブルになります。もちろん、その時に借りたお金をすぐ返せた場合は問題はないかもしれないですが、払えなかった場合は、両者ともども、ある意味空気が悪くなります。それでも急な入り用で今すぐお金が必要になってしまし、友人に借りる必要がある場合、期間は設けても、できるだけそれよりも早く返せるように努力したほうがいいです。友人とのお金の貸し借りは、意外とこういった些細なことで縁が終わってしまうこともあります。ですので、できるだけ親から何とかお金を借りるようにして、友人などに借りるのは控えるようにしたほうがいいです。そういったこともあったりしますので、できるだけ友人にお金を借りるというのは最終手段にしたほうが賢明なのです。

最上部へ