初めてお金を借りるなら、銀行が良いです。

急な物入りで、今すぐお金が必要などといった状況下でお金を借りる手段としては、消費者金融やクレジットカード会社を利用するか銀行を利用するかということになります。消費者金融やクレジットカード会社は甘い傾向にありますが、金利が高く返済が厳しくなってしまいます。銀行はそれなりに厳しいですが、金利が低い設定されます。消費者金融やクレジットカード会社で確実にキャッシングするという手もありますが、初めてお金を借りる場合は銀行を利用しましょう。銀行の審査はそれなりに厳しいのですが、思っているよりも厳しくありません。とくに銀行の無担保ローンは厳しくありませんし、消費者金融とそれほど変わらない傾向にあります。消費者金融やクレジットカード会社を利用する場合は総量規制について知らないとダメです。総量規制を簡単に説明すると、借入が制限される法律になります。消費者金融やクレジットカード会社を利用すると借入が制限されてしまいます。銀行系の金融機関や銀行では、総量規制はありません。総量規制が関係ないということは、多く借りることができるということです。年収を超えた金額を借りるなら、銀行か銀行系消費者金融が良いです。最初に消費者金融やクレジットカード会社を利用してしまうと銀行での借入が難しくなります。無担保ローンの審査が甘いと言っても、他社借入に対しては厳しい対応をします。クレジットカードはローンの一つなので、他社借入の一つになります。銀行はカードローンが主流なので、即日融資もできます。サービス内容は消費者金融のカードローンと変わりません。申込みもインターネットできますし、使い勝手はそうそう変わらないです。実はクレジットカードを利用するときもなるべく銀行が良いです。銀行は金利が低いので、返済負担が本当に少なく済みます。銀行のカードローンは、リボ払いしても平気です。本来ならば返済負担が大きくなるリボ払いですが、金利が低ければ利息が多くなることもありません。借り入れを検討しているなら、銀行を候補に入れるべきです。

最上部へ