債務整理を経験したあとでお金を借りるには

債務整理でもお金を借りるには

債務整理の情報は、信用情報機関に残る

債務整理をすると、信用情報に傷がつきます。

これを個人信用情報に登録されている「事故情報」といいますが、分かりやすい言葉で説明するとブラックリストやブラック情報、ネガティブ情報などと呼ばれています。

要するに債務者の過失による情報であり、返済能力が重視される審査に影響してしまう情報ということですね。さて、審査に影響するということは、債務整理をした後でもお金を借りることはできるのでしょうか。

債務整理したらお金を借りることは出来る?

結論から言えば、できます。

ただし債務整理完了から数年間は借り入れが不可能になるという条件があるので注意してください。
そもそも債務整理とは、返済できなくなってしまった借金に対して、借金を減額して返済の負担を減らしたり、借金を丸ごと免除してもらうことです。

これは返済困難になったときの最終手段であり、返済能力がないことの証明でもあります。
金融会社にとっては債務整理をされることは大きな損害にも当たるため、整理をした人はペナルティとして数年間は借り入れ申し込みができないとなっているのです。

ウソをついての借り入れはNG

ちなみに、この情報は一番初めに述べた個人信用情報機関に登録されている内容ですので、嘘をついて借り入れをすることはできません。
虚偽の申請をすると、借り入れできるまでの期間が益々延びてしまうので気をつけてください。

いつから借りられる?

では、実際にどのくらいの期間借り入れ制限がされるのかですが、債務整理の完了から約7年〜10年とされています。
債務整理の完了定義は、例えば借金を減額してもらった上で返済を目指すケースなら、その減額してもらった借金を完済できた時となります。

また、借金を免除してもらうのなら、免除における全ての手続きが完了した時が最終定義です。
なので、債務整理の期間が長引くほど、借り入れできるまでの期間が遠のいてしまうことになるでしょう。その後、債務整理をしたという記録は個人信用情報機関から抹消されて、情報がクリーンになります。そうしたら再び借り入れ申込みをすることが可能になります。

怪しい金融業者にはご注意

ブラックでも借りられる、甘い審査などを表示している金融機関にはご注意ください。お金が借りられても違法な金利であったり、取り立てが厳しかったりとトラブルになりかねません。必ず大手消費者金融から選んでくださいね。

最上部へ