他人からお金を借りる人の心理【徹底攻略】

お金を貸してほしいと頼まれたら

親、友人、恋人など近しい人からお金を借りる人は少なくありません。
ただ、普通の感覚では、友人や恋人からお金を借りるということはしないものです。
なぜなら「金の切れ目が縁の切れ目」だからです。
逆に言えば、お金を借りる側にとっては関係がきれても問題には思っていない間柄ということですので、お金をかしてくれとお願いしてくる相手は自分との関係を深く考えてはいないということでもあります。

お金を返してもらえる期待はしないこと

さて、実際のところ、相手がどのように考えているのかわからないいしても、いずれにしても返してもらえる保証はないと考えたほうが良いでしょう。
特に恋愛におけるお金の貸し借りにおいては、返す気がない心理が働くとされています。
たとえ借りたものを返さなくても、そこには愛情があるので相殺されると考える人が少なくありません。

また、男性の場合だと付き合う女性に対して“自分のもの”という所有物意識を持つため、返さなくてもいいやと勝手な思考に走る傾向が多く見られます。
しかし、そうは言ってもあくまでも他人です。恋人であろうがお金を返してくれなければ100年の恋も冷めるでしょう。
素敵な恋愛をしているつもりでも、お金を貸した時点でその恋愛は終わるということを心がけてください。

それでも貸すつもりであれば、お金を貸すときはあげてもいいと思える場合にのみ貸すことです。そして貸したら返ってこないものと最初から諦めましょう。
そのくらいの意識がなければ他人にお金を貸してはいけないのです。

相手を思うなら貸すべきではありません

また、貸してくれとしつこいようならキャッシングなど、他のお金を借りる方法を紹介してあげるのもひとつの解決策ですね。
キャッシングなら、20歳以上で安定した収入があれば、比較的簡単に融資してもらえます。
但し、その際には闇金には絶対に手を出さず、必ず大手のキャッシングサービスから借りるようにアドバイスをしてあげましょう。
当サイトでは特徴別のキャッシングランキングもご紹介していますが、ここにランクインしているようなキャッシングサービスであれば安心です。

キャッシングはすぐに借りたいときに最適

しかし、キャッシングを勧めるにしても、「借りるまで時間がかかるのでは」と考える人もいるでしょう。
しかし、そのようなことはありません。
キャッシングは審査に通れば、申し込んだ当日にお金を借りることも可能です。
融資スピードは下記の表をご覧ください。

また、キャッシングは利息が高いというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、
キャッシングサービスの中には「無利息サービス」といって一定期間利息なしで貸し付けるサービスを行っているところもあります。
正しい知識を持って上手に利用すれば、キャッシングは怖いものではありません。

最上部へ