お金を借りる時の言い訳

人からお金を借りる時の言い訳集

お金に困って人からお金を借りようとした場合、どういった理由だと借りやすいでしょうか。
本来、あなたがどういった理由でお金が必要になっているかの状況によりますが、
正直にその理由を伝えて借りられそうな相手ならそのまま伝えれば良いでしょう。
しかしその理由があまりにも自己都合によるものだったり、借りる相手が身内でないのであれば
あまり身勝手な理由では貸してもらえません。
そういった時、あえて言い訳をして借りるのであれば、どういうものが良いのかを検証しました。

お金を借りる言い訳

人の保証人になってしまい、その肩代わりをさせられている

もっともらしい理由な上に貸す側の同情も引けそうですが、そもそも銀行やその他金融機関からお金を借りる事が出来ない人が保証人になれる訳がない!と突っ込まれそうなので微妙ですね。

車で交通事故を起こしてしまった

交通事故を起こしてしまったが相手が悪く、ヤクザの様な人に「今すぐ50万円現金で準備しろ」と脅されている、なんて理由もちょくちょく聞きますね。
これも貸す側の同情を引きますが、冷静な相手であれば「保険会社が対応する範囲のお金だから、あなたが払わなくていいんじゃない?相手にそのように伝えなさい」と突っ込まれてしまいます。
相手が社会に出たいい大人であれば、それくらいの反応が返ってきて当然でしょう。
また、もし本当にあなたが怖い人に脅されていると思っている相手なら、親切にも「私がその交渉を保険会社と相手に伝えてあげよう!」なんて言い出して、更に事態がややこしくなる場合もありそうです。
なのでこの理由も微妙ですね。

財布を落としてしまって、金融機関からお金をおろせない

この理由はもっともらしく、相手からも疑われずにお金を借りられそうですが、借りたお金をすぐに返せないと不自然ですし、その途端すぐに貸し主に怪しまれてしまいます。
キャッシュカードの再発行は大体一週間~10日以内に完了します。すぐに手続きが出来ないと言い訳をしても、さすがに1ヶ月以上返済を遅らせるのは厳しいでしょう。
借りた相手に1ヶ月以内に返済出来る見込みがあるのであれば、有効な言い訳かもしれませんね。

身内の入院費用が足りなくて・・・

この理由も相手の同情をひきますが、金額が大きそうなので相談相手によっては貸してもらえないでしょう。そして、相手に知識があれば「高額療養費の貸付制度」などの公的融資制度を知っていて、自分に相談する前に役場に相談した方が良いよ!と親切にも教えてくれちゃうかもしれません。なので、ケースバイケースですがあまり有効な言い訳とは言えないでしょう。

急な葬儀で香典費用が足りなくて・・・

これは誰か身内が亡くなったと仮定しての大がかりな嘘ですので、ばれるリスクも非常に高いです。知り合いからばれる可能性もありますし、あなた自身がケロっと忘れて何かのついでに話した内容で嘘がばれてしまう可能性もあります。そして、あまり事前知識が無いまま、この言い訳を使うと、知識のある人であれば、お葬式が「友引」には行われないケースが多いことを知っていて、日程がおかしい場合は嘘がばれてしまう可能性があります。ですので、この理由もあまりおすすめできません。

最上部へ