お金を借りるには

お金を借りる相手としては、親や友人などの知り合いから借りるパターンと、キャッシングや公共機関などで手続きをして借りるパターンがあります。

友人から借りる場合

まず貸せるだけの余裕がある友人を探さなくてはいけませんが、友人から借りる場合はとにかくトラブルになりがちです。それがイヤで貸してくれない人も多いでしょう。そんな場合は、しっかりと借用書を書くことが大切です。もちろんいつかは返すのですが、いつ返すのかというトラブルがとても多いので、期限をしっかりと決めておきましょう。それならばということで貸してくれる友人もいるはずです。

公共機関で借りる場合

例えば奨学金や、母子家庭への補助金などがこれに当たります。対象にさえなっていればお金を借りられるので便利なのですが、対象だったとしても審査に時間がかかることが多いのが難点です。

この2つは、なかなかハードルが高いと思われますので、次は、比較的借りやすい、親からお金を借りるケースを解説します。

最上部へ