銀行でお金を借りるために知っておきたいこと

銀行でお金を借りるために知っておきたいことがいくつかあります。まずは所得が無いとお金を借りることができません。ですから、サラリーマンの場合はまず問題はありません。後は身分を証明するための書類が必要です。身分を証明する書類には自動車運転免許証が一般的に使われています。しかし、いくら大手企業のサラリーマンと言えども、個人信用情報で俗にブラックと言われるような場合は銀行もお金を貸してくれません。要するに、今までにローンの不払いや、度重なる延滞等があってブラックリストに載ってしまうとお金を借りることができなくなるのです。銀行でお金を借りるケースはいろいろあります。そして、一番大きな借金は何と言っても住宅ローンです。住宅ローンを借りる場合は、銀行の厳しい審査を受けることになります。そして、借りる金額が大きいだけあって、その審査には時間もかかります。審査に通れば住宅ローンの返済方法を決めることになります。一般的な住宅ローンは35年間の支払期間があり、住宅ローンの金利を固定金利にするのか、または変動金利にするのかが重要になってきます。住宅ローンの金利は景気に大きく左右されます。景気が悪いときには住宅ローンの金利も下がりますが、景気が回復するにつれて金利は上昇していくものなのです。ですから、変動型の住宅ローンは景気が悪いときには良いのですが、景気が回復すると支払いが厳しくなる可能性があるのです。しかし、こればかりは誰にも分らないというのが正直なところです。ですから、住宅ローンの金利のことであまり悩みたくないのであれば、35年間ずっと同じ金利の住宅ローンを選ぶことをおススメします。ただ、銀行から住宅ローンを借りる場合、確実に言えることは、ボーナス払いの併用はできるだけ避けた方が良いということです。ボーナスは景気に左右され、場合によってはボーナスが全く出ないことも考えられますから月々の返済だけで済ませた方が良いのです。

最上部へ