知っておきたい、銀行からお金を借りる時に気つけること

毎日の生活の中でどうしてもお金を借りなければならないこともありますよね。借金はしたくないけれど、借りるのであれば少しでも金利が低いところから借りたいというのが本音ではないでしょうか。
銀行や信販会社、消費者金融などお金を借りられる金融機関はたくさんありますが、比較的低金利で借りられるところと言えば銀行です。
銀行なら安心感があるため、初めての方でも比較的申し込みやすいと思います。
ここでは銀行でお金を借りるときに気をつけたいことについて紹介します。

即日融資は難しい

銀行は金利が低い分、審査が厳しく、結果が出るまでに時間がかかるため、借入れは急ぎではない場合や多額の資金が必要な場合に適しています。
そのため、今すぐに融資を受けたいという場合は銀行ではなく、消費者金融の利用がおすすめです。
消費者金融というとあまりよいイメージを持っていない方もいますが、アコムやレイクなど銀行系の消費者金融なら大手銀行グループであるため安心でき、審査も即日判定が可能です。消費者金融なら即日融資が可能ですが、融資を申し込む時間帯や審査結果によっては即日融資が受けられない場合もあるので注意が必要です。

銀行でも比較が大切

銀行だからといって低金利なところばかりではありません。銀行によって金利は異なるため、できるだけ金利の低い銀行を探して借り入れるのがコツです。
ホームページで金利を比較してもよいですし、シミュレーションツールなどで返済プランを算出するのもおすすめです。借入額が大きければ大きいほど、返済期間が長くなればなるほど支払う利息が増え、返済に負担がかかってしまいます。

無利息でお金を借りる方法

よりオトクに借りたい場合は、消費者金融の無利息キャッシングを利用する方法もあります。例えば、プロミスであればポイントサービスに申しこめば、30日間無利息でお金を借りることができます。

銀行系の消費者金融なら大手銀行グループであるため安心でき、少額の融資を利用するのであれば即日融資を受けられます。ただし、消費者金融によって申込み条件や審査基準が異なるので、融資を受ける前にしっかりと確認しましょう。

最上部へ