知らないと困る、親からお金を借りる時に気をつけたいこと

親からの仕送りで学生時代に一人暮らしをしていた人は少なくないことでしょう。どうしてもお金がなくて困ったときに頼りやすいのは親ということは特に珍しいことではありません。
お金の貸し借りは良くないとは分かっていても親子であれば抵抗感が薄まることもあり、親からお金を借りる人も多いことでしょう。
しかし、たとえ親子でもお金の貸し借りの際に気をつけたいことがあります。

贈与税に注意

親子でのお金の貸し借りになると、借用書を取り交わすことなくお金だけを貸し借りすることが多くなりがちです。数万円程度であれば問題ありませんが、年間で110万円を超える貸し借りになると贈与と見なされることがあります。
贈与になると、援助してもらった側が贈与税を支払うことになります。贈与税は税率が高く、金額によっては多額の税金を課せられることがあります。
これを回避するには借用書を取り交わして贈与ではないことをはっきりさせておくことが重要です。借用書には借入額、金利、返済期日、遅延賠償金はもちろんのこと、お金を貸す側と借りる側の署名、捺印も必要です。
また、返済は指定口座への送金を利用することで返済の証明になります。

うっかり忘れは禁物!収入印紙を貼りましょう

借用書をただ取り交わせばOKというわけではなく、金額に応じて収入印紙を貼る必要があります。
収入印紙はうっかり忘れてしまいがちですが、これを怠ると収入印紙の脱税と見なされてしまう可能性が高くなります。
借用書の書き方について分からない場合は税務署に問い合わせるとよいでしょう。
借用書の内容に関しては親子できちんと話し合い、双方が納得した上で進めていくことが大切です。

親子間でのお金の貸し借りは珍しいことではありませんが、たとえ親子であったとしても借用書を取り交わすことはとても重要です。借用書の作成時は記入漏れがないかよく確認した上でお金を借りましょう。

最上部へ