母子家庭で頑張っているシングルマザーは、時にはお金を借りるなど誰かに頼ることも考えましょう

離婚や夫との死別など事情があって母子家庭になり、シングルマザーとして頑張っている女性は多くいます。シングルマザーにかかる負担や責任感は、並大抵のものではありません。特に金銭面での負担は、かなり大きいです。住む場所はもちろん毎日の食べ物、衣服、医療費など、生活していくにはたくさんのお金が必要です。夫と離婚した場合には子供の養育費、死別した場合には遺族年金、頼れる実家がある場合は仕送りなどがある場合もあるのですが、それらが全くないというシングルマザーも多いです。彼女たちは、自分の力のみで子供を養い、生活を成り立たせなければなりません。自分ひとりであれば少々汚れた服や貧しい食卓でも我慢できるのですが、母親としては子供にはみじめな思いをさせたくないと思うものです。また子供を父なし子にさせてしまったという負い目から、子供に父親がいないという悲しみをできるだけ背負わせないよう、父母がそろっている家庭に負けないような充実した生活にするために人一倍稼がなければと思ってしまうものです。しかし、気負いすぎては精神にも体にも負担がかかりすぎて、倒れてしまいかねません。母親が倒れてしまうことは、子供にとって貧しいことよりもずっと悲しいことです。ですから、どうしても生活が苦しい場合は、頑張りすぎずに誰かにお金を借りることも考えましょう。母子家庭なのだからと人一倍頑張らなければならないという気持ちも大事ですが、自分だけで立つことが難しい時は誰かや何かによりかかることも大事です。親戚や友人など頼りにできる人がいれば、時にはお金の工面に協力してもらいましょう。周囲の人に頭を下げることが辛い場合は、レディースローンを頼りにすると良いです。レディースローンは女性のためのキャッシングサービスなので、女性にとって非常に利用しやすく便利です。たとえば子育て費用などは、一定期間内であれば無利息で借りることもできたりします。利息の負担をかかえることなく、お金を使うことができるのです。辛い時にはこれらを利用して、心と体とを休めましょう。子供にとっては母親が元気で笑顔でいることが、何よりも幸せなことなのです。

最上部へ