年金手帳を使用してお金を借りるための記事

キャッシングサービスの多くは利用にあたって年齢制限を設けていることをご存じですか?
未成年者が借入れが出来ない事は広く知られているかもしれませんが、高齢者の場合も利用にあたり年齢制限があります。

キャッシングサービスの利用可能年齢は定年まで!?

基本的にキャッシングサービスとは、「お金を貸す」サービスなので返済して貰わないと成り立ちません。
そのため、貸付をする相手の返済能力を見て融資を行うのですが、その基準の一つが「年齢」です。あまり高齢だと定年して年金生活者となってしまうため、新たな借金に対しての「返済能力」が無いとみなされてしまうのです。そのため、多くのキャッシングサービスの利用可能年齢の上限は65歳、つまり定年の年で設定されています。

要注意!年金生活者を狙ったヤミ金のキャッシング

では、定年を過ぎ年金生活の高齢者がキャッシングをする事は出来ないのでしょうか?

いいえ。あります。
ただし、要注意です。

近年増加している「年金手帳」を担保にした高齢者をターゲットにしたヤミ金によるキャッシングサービスがあります。そもそも定年を過ぎて年金で生活している高齢者は大手キャッシングサービスが年齢制限で利用出来なくなっているため、そこを狙ってヤミ金が忍び寄ってくるのです。ヤミ金業者は年金手帳を担保に高齢者にお金を貸し付け、毎月債務者の年金の受給日には一緒に郵便局をまわり、利息分を徴収するのです。そして、金利は高いのですが激しい取立てを行わない分、長期的に返済を続けさせ、いつまでも元金を返済出来ない仕組みになっているのです。
ですので、定年を過ぎた頃のキャッシングサービスの利用には十分気を付けましょう。

年金生活者も安心して借りられる!公的融資制度

非常に怖い話をしましたが、年金生活の高齢者でも安心してお金を借りられる制度があります。
それは独立行政法人福祉医療機構が取り扱っている公的貸付制度です。
一般的に年金を担保にしたお金の融資は法律で禁止されていますが、国や地方自治体から認められた、独立行政法人福祉医療機構(WAM)のみその融資が認められています。独立行政法人福祉医療機構は年金生活の高齢者が急にお金が必要な自体に陥り、資金が調達できず困窮しないよう、そしてそのままヤミ金業者の高利な貸付の被害に合わない様創設された団体です。正しく使えば年金生活の高齢者には心強いお金の借り先でもあるのです。

年金担保融資のお申込み方法

この独立行政法人福祉医療機構が取り扱う「年金担保融資」のお申込み方法は、ご自身が年金の支給を受けている銀行もしくは信用金庫の窓口、または「独立行政法人福祉医療機構代理店」の表示がある金融機関で行うことができます。
※農協やゆうちょ銀行、および労働金庫などはこの融資制度の取扱いはありませんのでご注意ください。

また、この融資制度の申し込みには以下5点の書類が必要です。

  1. 借入申込書(取扱金融機関の店舗にあります)
  2. 年金証書
  3. 現在の年金支給額を証明する書類(「年金支払(振込)通知書」「年金裁定通知書」「年金(額)改定通知書」「裁定通知書・支給額変更通知書」のうち最も新しいいずれか1つ)
  4. 印鑑証明書と実印
  5. 本人であることを証明できる写真つき証明書(運転免許証・パスポート等)

以上の書類を準備して手続きを行いましょう。おおよそ3週間で資金が交付が受けられるでしょう。
そして、重要な「返済」。これはは翌々月以降の偶数月から始まりますので、しっかり返済しましょう。

年金担保融資の申込み前に注意する事

この公的な融資制度は、申込み時にその「使い道」は問われません。
申込み書類には記載欄がありますが、選択方式になっていてざっくりと「医療・介護」「冠婚葬祭」「住宅改修」「旅行」「借入金借換」としか欄が設けてありません。そして逆に「借入金借換」という欄が設けてある事に驚きですよね。しかし、通常だと公的な融資の許可が下りない筈の「借入金借換」までもが許可されている程、使い道が自由だということです。
しかし、ここで注意しておかなければいけないのが、この点に甘えてもしあなたがご自身の借金返済を目的にこの融資制度を利用された場合はかなり返済に苦しむ事も覚悟しておかなければいけません。なぜなら、「年金」は決まった日に決まった額しか支給されません。その決まった収入の中から返済しなければいけないので、融資を受けたあとは更に支出を引き締めなければいけないのですから。

以上、年金を担保にした公的な融資制度のご紹介とそれを狙うヤミ金業者についてのお話でした。
最後に、この公的融資制度である「年金担保融資」は、独立行政法人福祉医療機構のみ取り扱いが許されています。その名を語る民間業者やヤミ金業者にはくれぐれもご注意ください。

最上部へ