家計簿が続かない人にぴったりな袋わけ管理法とは

主婦向けの雑誌に紹介されている節約法を見ると、みなさんがさまざまな方法でやりくりをしているのには本当に驚かされます。やりくり方法の王道と言えば家計簿ですが、家計管理や節約のために家計簿をつけようとしても、面倒で長続きしないというのは特に珍しいことではありません。そんな場合におすすめの家計管理術として注目されているのが、袋わけ管理です。この袋わけ管理は家計簿よりも簡単にお金の収支を把握できるため、多くの主婦が実践しています。

袋に予算を振り分けるだけでOK

給料をもらったら、食費や日用品費、子ども費など項目別に予算を決めて、袋にお金を振り分けます。袋わけ管理にもさまざまなやり方がありますが、週単位で予算を決めておき、袋に入れたお金の範囲内でやりくりすれば、家計簿をわざわざつけなくてもお金の管理が簡単にできます。買い物のたびに残金がすぐに確認できるため、お金を使いすぎているのが一目瞭然で、「ちょっと使いすぎているから残りの日数は支出を抑えよう」など計画的にお金を使えるようになるため、給料日前に家計がピンチになりにくいのが魅力です。

貯蓄ベタも卒業

毎月予算を立てて袋わけすることで貯蓄するお金を先に確保できるようになります。お金を貯めるには、残ったお金を貯めるのではなく先取り貯金するのがコツです。袋わけ管理をすることで家計の全体像が把握しやすくなり、各項目のお金の収支が分かりやすくなります。これまで以上に節約しやすくなること貯蓄にまわせる予算のアップにもつながります。

袋わけ管理でのメリットは、予算の範囲内でやりくりする習慣が自然と身につくため、とにかく無駄遣いを減らすことができ、簡単にお金の管理が出来る点にあります。また、袋に分けたお金を少しでも残したいという気持ちになります。袋わけ管理は節約上手&貯蓄上手になることができ、家計も助かるため、まさに一石二鳥です。

最上部へ