友人、親友からお金を借りる時には気をつけたいこと

急にお金を準備しなければならなくなったときに、いくつかの選択肢があります。
一般的なサービスでいうとキャッシングやカードローンなどの利用が考えられますが、
多くの人は急にお金が必要になった場合の借入れ手段として、
最初に身内や友人からの借入れを思いつくのではないでしょうか?
急すぎて借入れ手段が思いつかないというのもそうですし、
親や友人であれば、キャッシングやカードローンなどの金融機関よりは手軽に借りることができ、
返済期限や利息についてうるさく言われないのではないか…と心の甘えが出てしまうでしょう。
本記事では、例えばあなたが「親友からお金を借りる」という選択肢をとった場合に
十分に気をつけておきたいことについて解説致します。

友人からお金を借りる

借用書を交わすこと

長いつき合いの親友であったとしても、お金の貸し借りは友情関係にヒビが入る可能性が高いです。
借りたときは確実に返済できると思っていても、
状況が変わってしまい返済できなくなることも多々あります。
(※年間の民事裁判の訴訟ケースの半分は身内や知人間の金銭トラブルだと言われています。)
金銭トラブルにならないようにお金を借りる際は、借用書を交わしましょう。
お金を借りる相手と貸借金額、利息、返済期日、遅延賠償金など
お金の貸し借りに必要なことについてきちんと決めて書面に残しておくようにします。

契約内容を守ること

借りたお金を返すのは当たり前のことです。どうしても期日までに返済できない場合は、親友に連絡をして何故返済できないか説明し、いつまでなら返済できるかを伝えることです。返済できない後ろめたさから連絡しないまま放置してしまうと、裁判になることもあります。そうなると、親友との信頼関係は破綻してしまうだけでなく、裁判所から支払い命令が出ることにもなりかねません。契約の際に、確実に返済できるプランでお金を返せないか親友と相談しておくことも大切です。

まとめ

基本的には友人や知人など個人間でのお金の貸し借りは、トラブルの元になるのでおすすめできません。
普段からお金を借りなくてもよいように、収入の範囲内でやりくりする習慣を身につけておくようにしましょう。しかし、どうしてもお金を借りなくてはいけなくなった場合は、親友からの借り入れはできることなら避けて、銀行や消費者金融などの金融機関でお金を借りることをお勧めします。

今はキャッシングでもかなりの低金利で融資を行ってくれるサービスが充実しています。
例えば、三井住友フィナンシャルグループである、SMBCコンシューマーファイナンスの
キャッシングサービスである「プロミス」では、初めてのご利用の方を対象に
30日間無利息での融資を行っています。また、平日14時までに契約が完了していれば、お申込みから借入れまでなんと即日で行われます。
※無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb利用明細の登録が必要です。

本当にお金に困ってしまって、友人や家族からの借入れを考えている人は検討してみても良いでしょう。

最上部へ