借りる前に、貯める。手軽な小銭貯金

いつの間にかお財布の中でパンパンになってしまいがちな小銭を貯めるとけっこうな金額になります。お財布の中の小銭をただ単に貯金箱に入れるだけでも「塵も積もれば山となる」ということわざのように、1年後には意外と大きな額になっていることも。そんな小銭貯金ですが、ちょっとした工夫でより楽しく続けられます。ここでは、そんな小銭貯金の仕方について紹介します。

毎日コツコツ365日貯金

紙に1から365までの数字を記入します。1日1回、1円から365円のいずれかの額を貯金箱に入れ、入れた数字にまるをつけます。財布の中にある小銭を貯金箱に入れるだけでよく、1年後にすべての数字にまるがついたら目標達成です。1年間継続すると、66795円になります。1年間も継続するのが難しいようであれば半年コース貯金もおすすめです。

かなりの額になる500円玉貯金

小銭貯金の王道でもある500円貯金は、500円玉を貯金箱に入れるためちょっと大変ですが、貯金箱に入れた500円玉は絶対に使わないと決意することでかなりの金額を貯めることができます。500円玉貯金専用の貯金箱でもよいですし、両替によく使用されている透明のケースであれば何枚あるか一目瞭然なので貯金の励みになります。他のコインよりも貯まる額が大きいため、貯まったときの喜びはひとしおです。

小銭貯金に使う貯金箱を、自動で小銭を振り分けてくれるものやかっこいいデザインのものなど、お気に入りの貯金箱にすることでコツコツ続けやすくなります。貯金箱がいっぱいになったら家族旅行に行く、ちょっと高級なレストランに食事に行くなど目標を決めると途中でくじけそうになってもゴールに向かって楽しく貯金できます。

最上部へ