お金を借りるための有効な3つの理由

お金を借りる理由はどんな場合があるか

みんなのお金を借りる理由

お金に困っている時、ふと誰かから借りる事で解決するんじゃないか?と思ったことはありませんか。でも、実際に借りるとなると色々大変な気もしてきて気が引けます。
しかも、お金を借りるって相当大胆なことの様な気もしてきますよね。
でも実はお金を借りるということは誰にでも身近に起こっていることなのです。
では、世の中みんなどんな場面で、どんな理由でお金を借りているのでしょう。そんなみんなのお金を借りる理由を集めてみました。

家や車などを購入する時

今の日本においてお金を借りることはめずらしくなく、ごく一般的にみんながやっていることです。
例えば住宅ローン、自動車ローンもお金を借りているのです。
あるいはカード払いにしてもサービスを先に受けておいてお金の支払は後日ですので、借りているうちに入ります。
こう考えれば自分はいくら借りているのだろうと頭を抱えてしまいます。
ではなぜ住宅ローンをみんな組んでまで家を買うのでしょうか。普通に考えれば大金を借りることになるので、みんな嫌なはずです。
なぜなら返せる自信がないからです。
しかし考え方を変えてみましょう。自分が賃貸に住んでいる場合は更によく考える必要があります。
このまま賃貸で住みつづけて家賃だけ払い自分のものにならない。しかもいろんな人が使った部屋ですので新しい場合は少ないでしょう。
この場合そこに住み続けたとして、将来合計いくら払うのか計算してみれば、購入できる住宅の金額が見えてきます。
歳をとり年金暮らしになったときに家賃を支払えるでしょうか。それなら購入してしまい、それまでに完済しておけばいいのです。
次にカードの場合です。みなさんカード払いは普通にしています。なぜ使うのでしょうか。それは支払う手間がかからないからです。
いちいちサイフの中からお金をだすのではなくカードを出してサインするだけです。
電車にのる場合でもICカードをみなさん使っていませんか。
非常に便利ですよね。ピタッとあてるだけです。ちいち切符販売機までいって現金を入れボタンを押して購入するより早いし楽です。

大学や専門学校などの授業料

多くの人は高校、高校までは親が授業料を払って卒業させてくれたのではないでしょうか?
大学からは義務教育ではないので、自分でアルバイトをしならがら、もしくは奨学金を貰いながら勉学に励んだ人もいるはずです。
ただし、この奨学金は返済を免除されるものと返済が必要なもの、つまり前借で借金する形で給付を受けているパターンがあります。
多くの学生は返済義務の発生している奨学金でしょう。
しかし、大学や専門学校はその人にとって将来の夢のための勉強ですので、親も本人もここでお金を借りて卒業して、社会にでてから返済していこうと決めて奨学金を受けているのでしょう。

以上、みんながお金を借りようと思った場面とその理由についてでしたが、いかがでしたでしょうか。
あなたが今借りようと思っている理由と似たものはありましたか?
ただ、どんな場面や理由であれば借りたお金は返さなくてはいけません。借り入れの際は借入れ後の返済計画までしっかりと立てておきましょう。

最上部へ