お金を借りるなら知っておきたい!返済方式の基礎知識

お金を借りるときに、金利を気にする方は多いのですが、意外と見落とされがちなのが返済方式です。
基本的に金利は返済期間が長引けば長引くほど多くかかる仕組みとなっています。
そのため、金利が多少低くても、返済期間が長くなる方式だと、最終的な支払総額は多くなってしまうということも十分にありえるのです。ここではキャッシングによく使われる返済方式とそのメリット・デメリットをご紹介します。

money_01

1.残高スライド元利定額返済方式

大手消費者金融の中で最も多く取り入れられている方式です。
借入残高に応じて毎月の返済額が増減します。借入残高に対する毎月の返済額を低く抑えることができるのがメリットです。
一方、毎月の返済額が少ない分、返済期間が長くなってしまうというデメリットもあります。
返済が長引く間に、利息が元金を超えてしまったというケースも珍しくないので気をつけましょう。

2.元利定額リボルビング方式

初回の借入残高に応じて設定した固定返済額(元金+利息)を毎月返済する方式です。
毎月の支払金額が変わらないため、家計に影響が出にくいのがメリットです。世間一般の「リボ払い」にいちばん近いイメージかもしれません。
けれども、追加借入を行った場合、返済期間が長くなり返済総額が大きくなってしまうのが難点です。

3.元金定率リボルビング方式

初回の借入残高に応じて設定した毎月の返済元金が定額で、これに借入残高に応じた利息を上乗せして、毎月返済していく方式です。
他の返済方式に比べて、返済総額に占める元金の割合が高く、利息の割合が低いのが特徴。
返済期間が短く、早く決済を終えることができるため、返済総額を低く抑えることができます。毎月の返済額を元金に、残高に応じた利息を上乗せして支払う分、毎月の返済額が高額になるのがデメリットです。

4.繰り上げ返済

既定の方式による月々の支払とは別に、繰り上げ返済という手段をとることもできます。
繰り上げ返済をすることの最大のメリットは、繰り上げた元金にかかる利息を減らせることです。
繰り上げ返済は支払残額の一部からで可能ですので、臨時収入がはいったときなどにうまく活用しましょう。

まとめ

お金を借りるときに大事なのは返済計画の見通しをたてることです。
金利と同様、返済方式も支払い総額に関わってくることを念頭において、自分の収入と相談しながら賢く自分にあったキャッシングを選びましょう。

最上部へ