お金を借りることが出来る年齢は何歳か

急な出費が続いて家計がピンチ、給料日前でお金がなくて困ったときに便利なサービスと言えばキャッシングです。消費者金融の多くは即日融資可能なので今すぐにお金が必要なときでも安心です。お金を借りる際はいろいろな条件がありますが、どこの消費者金融でも年齢制限を設けていますが何故なのでしょうか。

お金を借りられるのは何歳から

借入れは原則として20歳以上から

未成年にお金を貸してしまうと、保護者がその貸付を放棄できます。未成年への貸付は責任追及が難しくなるため、貸付をした消費者金融が場合によっては大きな損害を被ることになります。そのため、ほとんどすべての消費者金融では満20歳以上を条件にしています。ただし、未成年で結婚した場合は成年と法律で見なされるため、お金を借りることができます。

高齢になると借入れできなくなる

借入れ先にもよりますが、借入れ可能な上限を65歳、70歳などとしているところがあります。これは、定年を迎えて年金生活になる年齢であり、収入源が年金のみになってしまうことから返済能力に不安が出てきてしまうことが理由です。高齢になると再就職も難しくなることからも年齢上限が設定されているのです。

年齢制限などの申込み条件は、金融機関を守るためだけではなく、利用者を金銭トラブルから守るために設けられています。申込み条件をなくしてしまい、誰でも借入れ可能にしてしまうと返済できずに借金地獄に陥ってしまい、債務整理をするしかない状況に追い込まれるなど金銭トラブルをかかえる人が増えてしまいます。申込み条件に当てはまらないのであれば潔く諦めて、アルバイトやパートでお金を稼いだり、これまで以上に節約生活を心がけるなど他の方法を探すようにしましょう。

最上部へ