英語しか話せない人が金融会社でお金を借りるには

外国人が日本で生活をしていると、他の日本人と同じようにお金が必要になるときがありますよね。そんな時に利用したいのが借り入れです。では、外国人でも日本人と同じように借入できるのかということですが、外国人でもお金を借りることは可能です。基本的には日本人の借り入れ条件と同じなのですが、しかし外国人ならではの条件もあります。それは「永住権を持っている」「日本語を理解し、話せて、書ける」ということです。この二つをクリアしていれば問題はないですが、後者の条件が厳しい人も少なくはないでしょう。日本は、一つの言語(日本語)で暮らしていける土地です。英語が話せなくても一生困ることはないのですが、言い換えれば他の言語が話せても基本的には通じません。さて、そうなると日本語が話せない人にとっては普通の生活を送る上で難しい事も出てくるでしょう。その一つが借り入れです。特に外国人の場合は、お金を返さないで自国に帰ってしまう、日本語を理解できないので踏み倒されてしまう等の問題があります。そのため融資リスクが日本人よりも高くなるのです。そこで最低限の条件として必要なのは日本語力です。理解することはもちろん、話せたり、書けなくてはいけません。そのため、この条件をクリアしていないことには金融会社からお金を借りることは不可能だと思ってください。そのため、借入したい場合は当たり前ですが、まずは日本語の勉強でもしましょう。どの程度の理解力が必要かというと、かなり高いレベルの理解力が求められます。少しでも理解できていないとと判断されてしまうと融資は厳しくなります。それが不可能なら、外国人用の英語書類を取り揃えており、英語が話せる職員がいる金融会社を探してみるという手もあります。ただ、これに関してはあまり期待できません。金融会社も融資リスクを背負ってまで債務者に親切にする必要はないので、こういった企業はかなり少ないのが現状です。

最上部へ