年金受給者はお金を全く借りられないの?

ニュースの特集で、「少子高齢化」を題材としたものを時々見かけますよね。
地方に行くと、若者と同じくらいの勢いでおじいさん、おばあさんが歩いていることがもはや日常になっています。
そんな中で、定年後も元気に働くお年寄りの方も多いです。
しかし、お店をしていると思わぬ出費が出ることもあるかもしれませんし、自分の子どものアクシデントでお金が必要になることもあるかもしれません。
そこで、現在高齢者の方がお金を借りることの現状を探っていきたいと思います。ここでは高齢者を年金受給者と考えていくことにします。

お金 借りる 年金受給者

年金は収入にはならない

まず、消費者金融などでお金を借りる際の大前提として、「安定した収入がある」というものがありますが、残念ながら年金はこの収入には当たりません。
したがって、貸金業法にある「年収の3分の1を超える貸し付けはできない」とする総量規制に引っかかってしまいます。
お仕事を退職されて現在無職であり、年金のみで生活している方は、残念ながらお金を借りることができない現状となっています。

年齢制限も大きな壁に

では、年金受給者でも、働いていて一定の収入があればお金を借りることができるかといえば実はそうでもありません。
多くの会社では、利用条件に年齢制限を設けています。
そしてその多くが「65~69歳未満」と設定しているため、実質年金受給者がお金を借りることはいずれにしろ厳しいです。
健康上ある程度のリスクがあるにせよ、お店を出して経営している点では条件は同じなのに、こういう思わぬところでリスクを伴うと、少し年金受給者に冷たくも思ってしまいますね。

カードローン選びで騙されないで!

しかし、どこもお金を貸してくれないと言えばそうでもありません。
中には、年金を安定した収入として認めてくれるところもあります。
新生銀行のカードローンであるレイクでは年金受給者でもお金を借りることができるなど、いくつかそのような会社はあります。
ただ、中には闇金のような会社もあるので、お金を借りる会社についてはよく調べた方がよいでしょう。

やはり、現状では年金受給者がお金を借りるのは難しいようです。
ただ、これから社会の変化とともにお金の借り方も変わってくるかもしれません。
もしかしたら、年金受給者でも気軽にお金を借りることができる日が来るかもしれません。
しかし、まずは子供が親にお金を借りさせることのないような生活をしなければいけないですね。

最上部へ