専業主婦がお金を借りる方法とその手続きの仕方

近年、キャッシングやカードローンの内容が充実してきています。そのため、1つでも持っていると、急な出費やまとまったお金が必要という時にとても便利です。キャッシングは貸金業法のもと、運営されています。この貸金業法の中に2010年に総量規制が加わりました。総量規制の内容をわかりやすく説明すると、年収の1/3以上の借り入れはできないというものです。そのため、パートやアルバイト、派遣で少額でも収入があれば借り入れが可能です。しかし、収入のない専業主婦の方は借りることができません。もし、借り入れをどうしてもしたい場合は配偶者の方の同意を得て、配偶者の収入で審査が行われます。審査後も必要な書類を提出しなければなりません。それは結婚を証明するもの、収入証明書、身分証明書の3点です。しかし、手続きがめんどくさいため多くの方は銀行のカードローンを使用しています。なぜ、銀行のカードローンは収入のない専業主婦でも利用でのかというと、銀行は銀行法のもとで運営されているからです。そのため、総量規制外になるので借り入れができるようになります。ただし、収入がない場合は少額の融資となります。手続きの方法はキャッシングもカードローンも同様にインターネットからできます。カードローンはキャッシングのような自動契約機はありません。そのため、インターネットが即日審査と融資が受けられます。キャッシングは自動契約機とインターネットの2つだと即日審査、融資が受けられます。インターネットから申込んだ場合、審査の電話がかかってきます。聞かれた質問に正確に応えたらその情報を元に審査がされます。審査が通れば身分証明書など必要書類をファックスして連絡を待つだけです。決められた時間内に必要書類を提出すると予め知らせていた銀行口座に入金されます。また、カードは後日郵送で送られてきます。キャッシングの自動契約機の場合はその場で発行されます。きちんと知らせて返済プランを考えて借り入れをしてください。

最上部へ