困った時の裏ワザ!?警察からお金を借りられる制度

緊急の場合、警察署でお金を借りることが出来ることを知っているでしょうか。

警察署でお金を借りる

交通費がどうしても足りないとか、財布を落としたり盗まれた、とか言う場合に
上限1,000円で借りることができます。勿論、1,000円で足りない場合もあるので、
そのときは事務員の承認があればそれ以上借りることもできます。

ただし、確実にお金を借りられるわけではありません。警察には緊急な場合にのみ救済措置としてお金を貸し出してあげられる「公衆接遇弁償費」という正式な制度があるのですが、その判断は警察官個人の裁量によります。ですので、その警察官がもっと他に方法があると判断した場合もお金は貸して貰えません。いくら国民を守るのが仕事だといえど、他にお金を借りる手段があれば、そっちを勧められたりします。

そもそも警察署はお金を借りる機関ではありません。ご紹介した「公衆接遇弁償費」も一時的な交通費用などの救済措置なので、借りられる金額も数千円程度です。本当に融資を目的にしている場合は警察署ではなくキャッシングやカードローンなどの融資機関を利用しましょう。

最上部へ