区役所などでお金を借りる際においての注意点

私たちが生活を送る上で現金が不足することは、多くの人が経験しています。お金が不足して生活費に困った場合には、区役所などで相談をしてみましょう。

お金 借りる 区役所

国からお金を借りる方法

区役所では、条件が認められれば、生活保護などの申請をすることができますので、お金を得ることが可能です。また、生活保護が認められなかった場合には、「生活福祉資金制度」という制度があります。これは、低所得者向けに、国が低金利でお金を貸付けてくれるというものです。申請は、各都道府県の社会福祉協議会で受け付けていますので、住んでいる地域へ確認してみましょう。

国から借りる以外の方法

生活保護や、生活福祉資金制度の給付の認可が降りないけれども、生活費が足りない!という場合は、消費者金融などの金融機関でキャッシングを利用するというのもひとつの方法です。

キャッシングとは

キャッシングとは、消費者金融からお金を借りることを意味しており、原則として保証人を必要としないことから、若者を中心に利用者が増加しています。貸し付ける側は、債務者の信用情報を担保にして融資をしている仕組みです。

まずはここで、今すぐ借りたい方のための「特徴別キャッシング人気ランキング」をご紹介します。

キャッシングの申込みポイント

借入先を選ぶ

消費者金融については数多くありますので、金利などの融資条件を比較した上で、決めることが求められます。キャッシング会社によっては、プロミスなどで無利息サービスを実施していますので、そのようなサービス内容によって借り入れ先を選ぶのがおすすめです。※無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb利用明細の登録が必要です。

審査

借り入れ先が決まったのであれば、申し込みを済ませた後に、審査が行われます。審査では、利用者に返済能力があるのかどうかを、判断します。

カード発行

審査に通過をしますと、キャッシングカードが発行されます。カードが発行される際においては、暗証番号を設定しますので、予め決めておくことが重要となっています。暗証番号があることで、他人にお金を引き出される心配がないです。

利息について

ATMなどを使用してお金を借りたのであれば、期日までに、借入した金額と金利に応じた利息を支払う必要があります。利息の金額については日割り計算となっていますので、お金を借り入れた期間によって算出されます。そのため、借入期間が短い場合においては、利息の負担が少なくて済みます。

また、プロミスなど一部のキャッシング会社では、一定期間利息が0円の無利息サービスを実施していますので、上手にこのような無利息期間を利用してみましょう。

まとめ

このように、キャッシングに関する適切な知識を身につけておけば、損をする可能性が低くなります。キャッシングは、申し込みをした当日にお金を手にすることができる、便利なサービスですが、資金の借りすぎには注意が求められます。自身の返済能力を超えないような借り入れを心掛けていれば、自己破産などをすることがありませんので、安心できます。

最上部へ