キャッシングと家賃の関係

お金を使いすぎてしまい、翌月分の家賃や公共料金が支払えずに家賃滞納になってしまうため、キャッシングサービスでピンチを乗り切った経験を持つ方はいるのではないでしょうか。普段からちょっとでも貯金をしておけばよかったという後悔はあるものの、職場の飲み会や友人との付き合い、冠婚葬祭などが続いてしまい、家賃にお金が回せなかったということがあるかもしれません。

家賃滞納が続くと

家賃振込日を過ぎても振込みを確認できなかった場合、大家や管理会社から電話がかかってきます。電話がかかってきても支払わないままでいると督促状が届き、大家や管理会社の担当者が自宅訪問することもあります。これは借主が本当に支払う気があるのか、お金を持っているのかを確認するためです。それでも家賃が振り込まれていないと、連帯保証人に連絡が行きます。連帯保証人にも支払ってもらえない場合は、貸主から一方的に契約解除され、部屋の明け渡し命令、強制退去へと進んでいきます。

キャッシングによる解決

強制退去になると住む場所を失ってしまうことにもなりかねません。給料が入ったら借りたお金を確実に返済できるのであればキャッシングでピンチを乗り切るのも一つの解決策かもしれません。しかし、キャッシングで家賃を支払うのはあくまでも一時的な解決にしかなりません。キャッシングしたお金を期日までに返済しないと延滞金が発生するため、返済額が大きくなってしまいます。

家賃滞納によるキャッシングを繰り返していると借金生活から抜け出せなくなってしまう可能性があります。家賃を滞納してしまわないように日頃からお金の管理を徹底し、無駄遣いをしないように心がけることが大切です。キャッシングはあくまでもどうしてもお金を借りるしかないときだけ利用するようにしましょう。

最上部へ