キャッシングでお金を借りる場合に問題となるブラックリストについて

冠婚葬祭などで急にお金が必要になったときに、キャッシングは非常に便利なサービスです。キャッシングには銀行系と消費者金融系があり、会社によって金利や審査の通りやすさなどに若干の違いがありますが、現在ではほとんどの会社でリボルビングという返済方法を採用しています。また、キャッシング以外でもカードローンと呼ばれる融資方法がありますが、大きな違いは返済方法で多くの場合は定額返済を採用しています。キャッシングでお金を借りる場合、まず最初に金融会社の審査を受けなければなりません。審査の基準となるのは、現在の収入が安定していることや過去の借り入れの状況などで、要するに返済できる能力があるかどうかを調べています。そこで問題となってくるのがブラックリストです。しかし、(私はブラックリストに載ってしまっているからお金を借りることは出来ない)などと言われますが、実際にはブラックリストと言うものは存在していません。では一般的に「ブラック」と呼ばれているのは何かと言うと、「過去の借り入れの状況」です。つまり、過去にキャッシングやカードローンなどでお金を借りたことがある場合、その返済の履歴に滞納があったり、返済不能に陥ったことがある場合で、これを「金融事故」と言うのですが、その情報は各金融機関で保存されていて、この金融事故の履歴をブラックと呼ばれているようです。金融事故があった場合は、ほとんどの金融機関でのキャッシングの審査は通らなくなります。ただし、金融事故から5〜7年を過ぎれば借り入れできる場合もあるようです。このようにブラックはキャッシングの審査に大きな障害となるわけですが、ブラックではなくても審査に通らないケースはあります。ひとつは現在の収入状況で、毎月安定した収入があるかないかが大きく影響します。また、今までキャッシングなどのローンを利用したことが無い人も、完済の履歴がないと言うことで借入限度額が低く抑えられるのが一般的です。

最上部へ