お金を借りる時はブラックと呼ばれている企業を避ける

お金が必要なのにキャッシングやカードローンの借入れ審査に通らない・・・。ならば多少怪しくてもここで借りてしまおうかな・・・。
そんな風に心が折れそうになっている時に忍び寄ってくるのが違法は金利で貸付を行ってくる、いわゆるブラックキャッシング(ヤミ金)です。
借入れの時は楽に感じるのでいいのですが問題は返済の時です。
ここではブラックなキャッシングサービスについて解説していますが、こんな悪徳キャッシングサービスに引っかからないよう、サービスについて事前にしっかりと調べる事が重要です。

ブラックからの借入れ

ブラックなキャッシングとは

お金を融資している企業はたくさんあるのですが、優秀な企業がたくさんある中でブラックと呼ばれている企業もあります。
ブラックと呼ばれている企業の特徴としては、高金利でお金を融資していたり、実際に考えられない様な行動を行ってくる場合が多いです。
まず高金利に関しては、法律でしっかりと定められているのでそれ以上の高金利に設定している場合には法律違反になります
。金利に関する法律も簡単に知る事ができるので、利用する前に知っておいた方が絶対にいいです。
それによって、法律で定められている以上に金利設定を行っているかどうか簡単に把握する事ができ、ブラックと呼ばれている企業を見極めやすくなります。
また金利以外の特徴としては、常識を逸脱している取り立てなどを行う事があります。
自宅にまで取り立てを行っている場合には、すぐに弁護士や司法書士の方に相談するようにして下さい。それによって、取り立てを止めさせる事ができるからです。
このようなブラックと呼ばれている企業を利用してしまうのは極力避けるようにして下さい。
ブラックと呼ばれている企業を利用する方の特徴としては、色んな企業に申込を行ってもお金を借りる事ができなかったり、高金利でも構わないのですぐにお金を借りたいなどの考えている方が利用する事がとても多いです。
確かにお金を借りる為には止むをえないですが、後の事を考えるとリスクが大きすぎます。
このような状況になる前に、しっかりと対応するか他の手段を考えるようにして下さい。
ブラック企業を利用してしまった為に、大きなリスクを背負ってしまう事はとてももったいないです。何故お金を融資してもらう事ができないのか分析する必要があります。ブラック企業は甘い言葉でお金の融資を促している事も多いです。
例えば電柱にチラシを貼り付けている企業も、世間一般にブラックと呼ばれている企業が多い実態があります。多くの方がブラック企業を利用しない様にして下さい。

ブラックなキャッシングサービスの見分け方

ヤミ金はヤミと言われるだけに、自分が生活している公の場に申込みの接点なんてないでしょう。そう安心していたら大きな誤解です。
ヤミ金はそこら中に広告が溢れています。以下の様な広告文のキャッシングサービスを見たら疑ってみましょう。

  • ・融資率100%
  • ・多重債務者大歓迎!
  • ・500万円必ず融資します!
  • ・返済は3か月後からでOK!
  • ・実質年率1.5%!

などなどです。つまり、めちゃくちゃ甘い言葉で勧誘してきているキャッシングサービスは怪しいのです。
でも、初めてのキャッシングだったり、あまりキャッシング経験のない方だと、キャッシングの金利や返済期限など平均的な相場が分からず、どの会社がやたら甘い言葉で勧誘してきているのかすら分かりませんよね?
そんな時に基準として参考にして頂きたたいのが、大手銀行系や信販系グループ会社の傘下にある大手消費者金融サービスです。
例えば「アコム」「プロミス」「モビット」「レイク」などです。
これら大手消費者金融サービスの大体の金利は以下の通りです。

  1. ・アコム:4.7%~18.0%
  2. ・プロミス:4.5%~17.8%
  3. ・モビット:4.8%~18.0%
  4. ・レイク:4.5%~18.0%
  5. ※2014年現在

大体4.5%~18.0%といったところでしょうか。この金利から大幅に低い2%や1%以下の金利で貸付を行うといった文言で誘ってくれる金融サービスは何かカラクリあります。
安く借りられた皺寄せは後程自分の身に降りかかってくるのです。また、ヤミ金の特徴として、平均で広告の訴求内容を覆してくるのでいくら甘い言葉で誘われても騙されてはいけません。
実質年利が2%未満だから借りた~、なんて言ったあとに実は25%なんです!なんて後出し事実はヤミ金の常とう手段なのですから。

また、年率の様に分かりやすいくらい低くて怪しい数字ではなくてもヤミ金はあります。
その見分け方として、貸金業登録番号(例:第0****号)を見るのも良いでしょう。
ヤミ金に限らず、詐欺やグレーな団体は実は綿密に工作をしています。ですので、この貸金業登録番号を見てもちゃんと表記しているところもあるでしょう。
ただし、この番号の頭の文字と番号が「都(1)」と記載されていたら、ヤミ金を疑った方が良いです。
なぜなら、この(1)というのは営業3年未満の業者に付与される番号です。3年未満の営業というのは、金融業でいうとほぼほぼ営業をしていない実績が無い団体といっても良いでしょう。
そしてこの業者番号というのはお金さえ払えば個人でも取得できるものなので、この番号を持っているというだけで、そのキャッシング業者を信用してはいけません。
(もちろん、この(1)表記の業者でもまともな営業をされている企業はたくさんあるのでことわっておきますね。)
また、「都(3)」ナンバーで且つやたら甘い訴求で勧誘してくるキャッシングサービス業者にも気を付けましょう。
念のためその登録番号を検索してみると、全く違う企業がヒットする場合があります。
つまり、他人の番号を無断で拝借し、表記詐欺をしているということなのですから、立派な犯罪です。
その様なキャッシング業者から借入れるのは絶対にやめましょう。

最上部へ