お金を借りるシステムやその場合に必要な年収基準について

お金を消費者金融や銀行から借りる際に必要な年収の基準は、借りる先によって異なります。一般的に無担保や保証人制度を必要としない消費者金融の場合、多くは幅広い年齢層を対象としているため、年収の基準は低いです。その為、アルバイトやパートでの年収を約100万円とする場合でもそれを一定の年収であると見なす金融会社は多いということです。ただし、借りれるお金の限度はおのずと年収によってきまっていきます。改正貸金業法により借入は年収の3分の1までと決まっているからです。その為、年収を上記のように100万円とする場合、約33万円借りれるという単純計算になります。しかし、これも消費者金融のみを対象とする法であり、銀行系でローンを組み借りるというお金に関しては法対象とはなりません。その為、銀行系でお金を借りる場合の審査基準は上記のような法ではなく、各会社独自の厳しい基準を設けています。例として、年収300万円以上からなど収入による制限を設けていることです。それは安定して継続性のある収入を得ているかを見られるということです。敷居は高く感じることもあります。しかし、初めて借りる場合や、返済までのプランをきちんと計画できるという方には銀行でお金を借りることをお勧めします。消費者金融の場合、敷居は高くなく誰でも借りれるという点でとても有利で利用しやすいですが、借りれないという状況が続いてしまうと、借りたお金以上の負債を抱えることもあるからです。しかし、こちらも返済までのプランをよく計画できる方にはお勧めします。また、すぐにお金を必要とする方にも消費者金融でお金を借りるのをお勧めします。理由に、銀行により異なりますが、審査などに時間を要する場合も多く、その点では消費者金融だとスピード審査で申請日その日にお金を借りることのできる会社もあるからです。その場合でもきちんと年収などを確認できる源泉徴収票などは提示できなければいけません。

最上部へ