今すぐにお金を借りたい方へ

今すぐお金借りるなら、安心して借りられるところを選ぶべきです。急いでお金を借りる必要がある時にこそ見て頂きたい、お役立ち情報の解説をしています。

緊急でお金が必要な時、大手キャッシングサービスがもっとも早く安心してお金を手に入れられる方法です。

お金を借りるなら大手企業から!

お金を借りるときは、大手の優良企業を選びましょう。闇金と呼ばれるような悪徳業者からは決して借りないように注意してください。
大手優良企業かどうかを見分けるポイントは以下3つです。

大手金融機関が運営しているか。

これからお金を借りようとしているキャッシングサービスの運営会社は必ずチェックしましょう。色々なサービスがあって迷うかもしれませんが、そんな時は大手銀行のグループ会社が運営しているかというのもチェック項目の一つです。例えば、SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」や、三菱UFJ銀行のグループ会社系列の「アコム」、三井住友銀行グループの「モビット」等は大変有名ですね。

TVCMで名前を知っているか

テレビCMをやっているという事はその企業の経営の安定が伺えます。つまり資金提供の土台がしっかりしているという事です。中小企業の街金などは全てはではないですが、貸付の母体であるその会社が資金繰りが厳しくなってくると、貸付側も融資はハイリスクなので金利も高まりますし違法な取立てをしてくるところもあります。まずは安全なサービス選びの基準として覚えておいて損はないでしょう。

貸金業登録番号を検索

正しく運営しているキャッシング会社は「貸金業者」として国に許可を貰って貸付を行っています。その許可を正しく得ているかが分かるのがこの「貸金業登録番号」です。
ただし、悪徳な金融会社や闇金は、あたかも国の許可をとったように虚偽の登録番号を広告に使っているケースもままあります。こういった業者に騙されない様、まずはこの番号はネットで検索してみてください。
金融庁のサイトやブログに不正な登録番号を纏めているページがあるので、そこで照合をとっておきましょう。

今すぐ借りられるキャッシング紹介

woman_18

即日融資可能なキャッシングサービスについて更にくわしく知りたい方は、こちらで各社のサービスを紹介していますのでご確認ください。

→キャッシング会社紹介

ここで紹介している会社はすべて大手の有名企業なので、お急ぎの時でも安心してご利用頂けます。

お金を借りる、とは?

そもそも、お金を借りるとはどういうことでしょうか?
一番身近なところだと、親からお金を借りることだと思います。ほとんどの親なら、借りた金額を返せば良いというでしょうし、中にはいつでも返してくれれば良い、そもそも返さなくても良い、などという優しい親もいるとは思います。
しかし、通常は、お金を借りると利子がつきますし、決まった期間でお金を返さなくてはいけません。返済を待ってもらえる期間は長ければ長いほどいいですし、利息は低いほどいいですよね。

お金を貸す方としては、早くお金を返してもらいたいし、高い金利でお金を貸したいわけです。
お金を借りる時、貸す時に関係する返済期間と利息について説明しましょう。

お金借りる‐返済期間について‐

返済期間というのは、借りたお金を返す期間です。この決められた期間を過ぎてしまうと利息が増えたり、ペナルティが与えられる場合があります。
返済期間は、お金を借りる時の契約で決められます。ローンやキャッシングの返済など、通常は一度に借りたお金を返すのでなく、月々返済していきます。
返済期間は短くすると、1度に返すのが大変で苦しくなり、返済期間を長くもつと、月々の返済の負担を減らすことが出来ます。ただし、返済出来る金額に余裕があるようなら、出来るだけ早くお金を返した方が、返済の合計金額は少なくなります。計画的な返済を行いましょう。

お金を借りる‐利息について‐

お金を借りる場合に、契約時に決めるのが利息です。利息とはどうやって決められるのでしょうか?簡単に言えば、貸したお金が返ってこないリスクで決められます。例えば、何度も定期的にお金を借りる人が二人いるとします。

二人のタイプ

  1. Aさんは、真面目でお金を借りる時にもきちんとしていて、毎回きっちりと返してきます。
  2. Bさんは、お金を借りる時にも態度が悪く、お金にルーズ。貸したお金が返ってこないことがありました。

couple_02

この二人がどうしてもお金を借りる必要がある時、AさんとBさんに同じ条件でお金をかしますか?

Aさんより、Bさんに色々と条件をつけてお金を貸すのではないでしょうか。
Bさんにお金を返してもらう時に、Aさんより多くのお金を返してもらうように約束すると、Bさんの利息はAさんより高い、ということになります。

利息は、上限が決められています。
現在は、上限金利が年利20%と法で定められています。これは、10万円を1年間借りる時に、2万円の利息がつくということです。利息は日割り計算される為、お金の返済が早ければ早いほど、利息が少なくてすみます。例えば、30日で10万円を返済すると、約1,644円の利息ですみます。

無利息で賢くお金を借りる

お金を借りる際には、必ずかかると思われている利息ですが、実は無利息でキャッシングを利用することも可能なのです。大手消費者金融では、無利息サービス期間を設けているところが多くありますので、賢く利用しましょう。

例えば、プロミスのフリーキャッシングでは、はじめて利用する方向けに、30日間無利息サービスを行っています。ポイントサービスへの申し込みが必ず必要となりますが、30日以内に一括返済すれば利息がかかりませんので、一時的にお金を借りたい時にはとても便利ですね。

詳細はプロミス公式サイトにて、ご確認ください。

お金借りる時に必要なものー担保ー

お金を借りる時に担保が必要だと言われる場合があります。それは、借りるお金が高額だった場合、お金を貸す側は、貸したお金がきちんと戻ってくるか心配になりますよね。その為に、借りるお金の額と同程度の価値だと評価出来る物を担保といいます。物、といっても土地や、証券など様々です。もし、お金が返済出来ない場合、担保に入れていた物がお金の代わりになります。しかし、キャッシングでお金を借りる場合は、担保は基本的には必要ありませんので、安心してお金を借りることができます。

お金借りる時に必要なものー保証人ー

お金を借りる時に、保証人が必要なケースがあります。保証人とは、お金を借りた人が返せなかった場合、代わってお金を返済する必要がある人のことです。
気をつけて頂きたいのは、親類や友人などから頼まれて、良くわからないうちに連帯保証人になるケースです。連帯保証人では、借りた人と同じ責任を負うことになります。例えば、友人が1000万円借りる時の保証人になっていた場合、友人がお金を返さずに逃げたりすると、保証人になっている人が1000万円を返す必要が出てくるのです。

お金を借りる時に、連帯保証人になって欲しいと頼まれた時には、くれぐれも軽はずみに連帯保証人にならないようにご注意ください。
大手キャッシングサービスでお金を借りる場合は、保証人は基本的には必要ありません。500万円以上の高額なお金を借りる必要のない時は、キャッシングなどでお金を借りる方法が良いでしょう。

お金を借りるときに必要なものー身分証明書ー

どのサービス、金融機関でお金を借りる場合も必要な物、それは、身分証明書、IDです。お金を借りる人の住所、氏名、生年月日が確実に分かる必要があるからです。ただし、なんでも良いというわけではなく、キャッシングでお金を借りる場合は、まずは運転免許証を用意します。運転免許証が無い場合は、健康保険証、パスポートが身分証明書として利用できます。運転免許証など住所変更があった場合は、住所変更手続きを行い、最新の住所にしておきましょう。

お金を借りるときに必要なものー収入証明書ー

お金を借りる時に収入証明書が必要だと言われる場合があります。収入証明書とは、お金を借りる人が、どのぐらいの収入を得ているか、を証明するものです。では、収入証明書はどこで取得すれば良いのでしょうか?会社にお勤めの方は、源泉徴収票や給与明細書が収入証明書にあたります。会社の経理に収入証明書が欲しい、といえば出してもらえば、取りに行く手間も省けるので、一番簡単な方法でしょう。自営業の方などは、確定申告書が該当します。

尚、プロミス、アコムなどの大手消費者金融機関では、借りるお金が50万円を超えない場合は、収入証明書が必要ありません。

お金を借りる時の審査

woman_16

お金を借りる時の審査とは、どういうものでしょうか。知人にお金を貸す場合、その人が信用出来る人なのか、きちんと返してくれるのかを判断してお金を貸すのが普通だと思います。

金融機関がお金を貸す場合は、お金借りる人がどういう人かを事前にチェックして、この人はキチンとお金を返してくれるだろう、「返済能力」を審査するわけです。
お金を借りた時の情報は、「信用情報」として情報が残っています。例えば、A社からお金を借りる時に、過去にB社からお金を借りてキチンとお金を返していなかったりすると、残った信用情報によってA社からお金が借りることが出来ないケースもあります。

お金を借りる時の年齢について

お金を借りる時には、何歳でも借りれるわけではありません。ほとんどの金融機関は20歳以上でないとお金を借りることが出来ません。これは、未成年がお金を借りた場合、申し立てを行えば契約そのものを無効に出来る場合があるからです。未成年でもお金を借りられる金融機関はトラブルのもとになる可能性があります。充分に注意するしてください。

また、年齢には上限があり69歳以下である大手消費者金融が多いです。

借りるお金の限度額

借りるお金には限度額、つまり上限金額が決まっています。これは、金融機関によって様々で、上限金額が多いことを金融機関のサービスの目玉にしています。では、上限金額が高い方が良いのでしょうか? 実は、これはケース・バイ・ケースです。そもそも、借りるお金ですから、当たりまえのことですが、いつかは返す必要があります。実は、大金を手にできる気なり、余分なお金を借りる人が少なくありません。金額が多いと利息も増えますので、きちんと必要な額を計算して借りるようにしましょう。また、サービスの限度額が多くても、借りる人の収入で限度額が決まります。希望額を満額借りることは出来ない場合もあります。

お金を借りるにはどこに行けば良い?

woman_15

お金を借りる時に、近くに消費者金融の店舗や銀行がないと借りることが出来ない、と思っている人は多いようです。実は、お金は、自宅から一歩も出ないでも借りることが出来ます

インターネットにつながったパソコン、携帯電話、スマートフォンがあれば、簡単に申込み出来るサービスが増えている為です。パソコン、携帯電話、スマートフォンがあれば簡単な事前審査もあるので、いきなり金融機関に申込みするよりは、事前審査をやった方がスムーズにお金を借りることが出来ます。
操作が良くわからない場合は、気軽に電話することも出来ますし、店舗に行って相談しながら申込み、手続きをすることが出来ます。

お金を借りるというと、少しこわいイメージもありますが、CMをやっているような大手の金融機関であれば、窓口の担当者は実に丁寧、親切なので気軽に相談すると良いでしょう。

また大手金融であれば、無人契約機がありますので、人とコミュニケーションを取るのが苦手だという方は、無人契約機で申込みするとスムーズです。

お金を借りるには、どれぐらいの時間が必要なの?

N825_ohirunojikan500

お金を借りる必要がある人は、だいたいの場合急いでいると思います。今日必要なのに、お金を借りることが出来るのが1週間後であれば意味がない、なんて緊急事態もあるのではないでしょうか。

大手金融会社の中では、最短でいうと即日、つまりその日のうちにお金を借りることが出来るサービスがあります。
即日でお金を借りることが出来るサービスの場合、だいたい14時ぐらいまでに申込み、審査が完了すればその日のうちにお金を受け取ることが出来ます

お金を返済するにはどうすればいいの?

お金を借りる時には、お金を返すことまで考えている人は少ないのではないでしょうか?大手金融会社では、返済も楽に出来るようにサービスが充実しています。借りる時に使った店舗、ATMはもちろん、提携した銀行や、コンビニを利用することが出来ます。

お金を借りる時の診断と審査の違いについて

お金を借りる時に各消費者金融の携帯やスマートフォン、またはパソコンのホームページや、アプリにある「簡易診断」と、「審査」の違いとはなんでしょうか?
審査というのは、信用情報を確認し、お金を借りることが出来るかどうかをきちんとチェックすることです。
金融機関によっては、一度、審査に落ちてしまうと、一定期間審査を受け付けてもらえないケースもあります。
なぜなら、過去の借入情報などの信用情報と、収入の情報が変わらないと、何度審査をしても同じだからです。
その為、一度審査に落ちても仕事を変えて収入がアップすれば、審査に通る場合もあります。

審査を受ける前に、目安として行うのが「簡易診断」です。こちらは、簡単な質問項目に答えるだけで、数十秒で結果が分かります。名前は各社が独自に名づけているので、簡易診断、3秒診断、簡易審査などがあります。

自分がお金を借りることができるか心配な方、はじめてお金を借りる方は、まずは簡易診断、3秒診断を事前に行い、チェックしておきましょう

返済シミュレーションとは?

お金を借りる時に事前に立てる返済計画のツールです。大手金融のホームページやアプリにあり、パソコンや、スマホがあれば無料で使うことが出来ます。
返済期間を長くした場合の月々の返済額や、利息などをチェックすることで、無理なくお金を返す計画を立てることが出来ます。

最上部へ